HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > 早大入試 見直しを重視した商学部の時間配分(商学部)

どう解く? 時間配分(文系・商学部) 早大入試
見直しを重視した商学部の時間配分

Y.Y さん
商学部
東京都 吉祥女子高校 出身
2019年度 河合塾 吉祥寺現役館
在籍 高校グリーンコース

※2021年度入試より、商学部の入試方式は「地歴・公民型」、「数学型」、「英語4技能テスト利用型」になります。

※「センター利用入試」に代わる「共通テスト利用入試」は実施されません。

英語

  • 目標点 60点/80点満点

タイムスケジュール

img_list13-1

ポイント

商学部の英語は、他学部と比較しても読みやすい題材で解きやすい一方、分量が多いので速く正確に解くことが求められます(2020年度入試を受験)。

問題Iは対話文ですが、そのほかの大問は大問ごとの大きな形式の特徴がないため、私は問題Iから順に解いていきました。
過去問を解いていくなかで、15分経っても解き終わらなかった大問は一度見切りをつけて次の大問に進み、時間があったらまた戻ってくるという時間配分を考えていて、その前提で本番にも臨みました。

2020年度入試では、解答用紙を最初に見たときに記述問題が少なくなり並べ替え問題に変わっているなど、例年と少し異なった形式であることが読み取れたので、気を引き締めて解き始めました。問題形式が一部変わってはいたものの、2020年度入試の各英文は読みやすく感じて例年より早く解き進めることができましたが、最後まで気を抜かずに、自信のない問題には印をつけ見直しのときにすぐに戻れるようにするなどの工夫をしました。

問題Vは他の問題に比べて読みにくく感じてすこし焦りましたが、問題Ⅴを解き始めた時点では想定していた時間配分と比べると時間に余裕があったため、丁寧に解くことができました。問題Vはかなり迷った選択肢もありましたが、見直しに時間をかけることを決め、残りの15分で印をつけた問題の選択肢を吟味することにしました。

見直しをして解答を変えて提出し正解していた問題が数問ありました。結果論ではありますが、見直しに移行することを決断してよかったと思っています。時間配分は当日の問題の内容や自分のコンディションに合わせて融通をきかせることが大切だと思います。

国語

  • 目標点 40点/60点満点

タイムスケジュール

img_list13-2

ポイント

商学部の入試科目の中では国語が一番苦手でした。過去問演習では6割以上の正答率で解くことができなかったので、本番では最低6割、できれば7割超えの正答率をめざし、ひときわ正確に解くことに尽力しました。

過去問演習を通して、商学部の国語は、特に現代文で読みやすいものと読みにくいものの差がかなりあることを感じていました。しかし、時間には余裕があることが多かったので、じっくり正確に解くことを目標にしていました。

2020年度入試の問題は、私にとって得意ではなくそのうえ今までに見たこともなかったような題材だったのでかなり焦りましたし、例年と異なり漢文も独立題となっていたので、例年よりも時間配分を工夫しなければならないと思いました。
そこで、現代文から解きはじめ、自分が得意な漢文、そして古文の順番で解くことに決めました。現代文ではかなり迷う選択肢があったので漢文と古文で見直しの時間を捻出できるように解きました。

世界史

  • 目標点 45点/60点満点

タイムスケジュール

img_list13-3

ポイント

「地歴で合格が決まることはない」とよく言われますが、3科目受験では地歴で不合格が決まってしまうことは普通にあります。商学部の問題は他学部の問題と比べても高得点勝負で、地歴は特に自分の知識を活かして正答率を最大限に上げることが大切になってくると思います。

世界史の大問I~大問IIIの問題は基本的な知識で解けるものが多いので、取れるものは確実に取りましょう。一見難しく見える問題も、基礎に立ち返れば難しくなく、消去法で解ける問題もたくさんあります。
また、大問IVには穴埋め問題と100字の記述問題があり、この記述問題を空欄にしないことはとても大切です。2020年度入試の記述問題がイギリスのEU離脱に関連した内容であったことからもわかるように、過去問演習を通して記述問題では19世紀から20世紀の内容が多く問われる傾向であることが読み取れたので、直前期に19世紀から20世紀の内容を重点的に学習し、記述問題で問われそうな内容は自分でまとめるなどの対策をしていました。 

また、年号は直接的には必要とならないことが多く後回しにされがちですが、年号をより多く暗記していることで、問題を解くためのヒントになることが非常に多くあります。そのため、重要年号はもちろん、より多くの年号を覚えることを強くおススメします。

関連記事を読む

早大入試
センター試験
冬期・直前講習の効果的な受け方
HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > 早大入試 見直しを重視した商学部の時間配分(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.