HOME > 受験対策 > 私の早稲田大学受験レポート > 受験当日の過ごし方 入試当日に実力を出すためのコツ(文化構想学部)

私の早大受験レポート(文系・文化構想学部) 受験当日の過ごし方
入試当日に実力を出すためのコツ

R.T さん
文化構想学部(英語4技能テスト利用型)
神奈川県 出身
2018年度 河合塾 横浜校 在籍
大学受験科

本番当日のスケジュール

  • 試験
  • 自習
img_t2-12

受験レポート

会場に着くまで~試験前

私は英語4技能テスト利用型で受験したので、試験は昼からでした。
朝、起床してテレビで電車の運行状況を確認すると、乗る予定だった路線が止まっていることがわかりました。正直とても焦りましたが、すぐに違う行き方を調べて解決しました。それでもダイヤ乱れの影響があり、試験会場に到着したのは集合時間の5分前でした。

試験中

試験直前は緊張で心が浮足立っていました。ですが、国語の解答用紙が目の前に置かれた瞬間、「もうここまで来てしまったのだから、この紙に自分の実力すべてをぶつけよう!」という気持ちが生まれ、落ち着きを取り戻しました。今思うと、この気持ちの切り替えこそが一番の勝因だったかもしれません。

国語が終了した後、日本史の試験まで約1時間の休憩時間がありました。お手洗いを済ませた後は、日本史のプリントで苦手分野や、文化構想学部で出題されやすいテーマ史や文化史の最終チェックをしました。

そして、日本史の試験が始まり問題を解いてみると、今までのどの過去問演習のときよりもスラスラと解答できていることに気づきました。ですが、自分が解けるということは他の受験生たちも解けるということだ、と気を引き締めて試験終了まで何回も見直ししました。
逆に、自分がわからない問題は他の受験生たちもわからないだろう、と割り切りました。このように切り替えができたのも、普段の努力の賜物だったと思います。

試験終了後

試験後、あえて解答速報は見ませんでした。なぜかというと、出来が大まかにでもわかってしまうと、翌日以降の試験に影響してしまうと思ったためです。次の日に他大学の入試があったため、ホテルに戻ったら最低限の対策のみしました。

本番当日のアドバイス

大学への行き方を何パターンか調べよう

入試当日までに必ず大学への行き方を何パターンか調べておきましょう。そうすることで、もし電車が止まってしまっても焦らなくても済みます。そして、当日の朝は時間に余裕をもって早めに起床して、ニュースなどで交通情報をチェックしましょう。

また、大学への道順を確認しておきましょう。私はある大学を受験する際、事前に下見に行かなかったため、入試当日の朝に道に迷い、遅刻しそうになってしまいました。

持って行く参考書は最小限にしよう

当日の持ち物ですが、試験会場に持っていく参考書は最低限にしましょう。不安や焦りからたくさん持っていきたいという気持ちは痛いほどわかりますが、意外と参考書を眺めることができる時間は限られています。多く参考書を持っていっても、重くて疲れるだけなのでおすすめはしません。

入試当日の過ごし方で注意してほしいこと

入試当日の過ごし方についてお話ししましょう。朝電車に乗っている間に、できれば参考書やプリントを眺めておきましょう。実際、私も電車のなかで日本史のプリントを見ていたら、その日の本番の試験で出題されたということがありました。ただし、酔いやすい方は無理をしないでください。

そして、問題の解く順番や時間配分は普段してきた練習通りに行いましょう。本番でいきなり変えてしまうと、ペースが乱れてしまい本来の実力が発揮できない可能性があります。

試験の間の休憩時間でも注意してほしいことがあります。まずは、お手洗いです。特に女子トイレは混雑しやすいです。長時間並ぶことが予想されるので、その時間を無駄にしないように参考書を持っていくとよいでしょう。

次に、休憩時間の過ごし方です。試験会場に友達がいることもあるでしょう。そのときに終わった試験の答え合わせはしないようにしましょう。次の試験に向けてメンタルを整えていく方に時間を割いた方が効果的です。

これらのアドバイスが皆さんの受験の手助けとなれるのならば幸いです。応援しています。

関連記事を読む

受験当日の過ごし方
受験校の選び方
 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方−
HOME > 受験対策 > 私の早稲田大学受験レポート > 受験当日の過ごし方 入試当日に実力を出すためのコツ(文化構想学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.