HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 自分を励ましてくれた講師の言葉(社会科学部)

早大受験を乗り切るために(文系・社会科学部) 激励メッセージ
自分を励ましてくれた講師の言葉

M.M さん
社会科学部
東京都 桐朋高校 出身
2018年度 河合塾 秋葉原館 在籍
大学受験科

大学受験科で通ったコース

今、この文章を読んでいる皆さん。今まで自分がやってきたことを振り返ってみてください。やれることはやってきたと思える方、不十分だったなと感じる方、さまざまかと思います。

努力をしてきたと思える方は、今までの自分を信じてこれからも努力をし続けましょう。不十分だったなと感じる方は、今までとは次元を変えて最後まで努力をし続けてください。入試までは残りわずかです。ゴールは目の前です。最後まで駆け抜けましょう。

受験生時代に励みにした言葉

ここからは僕が受験生時代、とても励みになった言葉、自分に言い聞かせていた言葉を紹介します。

英語講師の言葉

一つ目は「できそうかどうかじゃない、やるしかないだろ、やれ」です。これは早・慶・上智大文系アドバンスコースの授業でお世話になった英語講師の言葉です。

当時、浪人生だった僕にとってこの言葉は本当に励みになりました。直前期はどうしても精神が不安定になることが多々あります。そんなときに、「なぜ浪人し、なぜ大学受験に挑んでいるのか」ということを思い出させてくれる言葉でした。
直前期はこの言葉を書き出して机に貼って、自分に言い聞かせていました。

現代文講師の言葉

二つ目は「生活リズムを整えて、復習と新問のバランスを整え、自己肯定する」ということです。これは早・慶・上智大文系アドバンスコースの『早大現代文』でお世話になった講師の言葉です。

先ほども述べましたが、直前期は精神が不安定になります。これは人それぞれかもしれませんが、僕自身はそうでした。後がないことへの不安はもちろん、落ちたらどうしようと考え始めてしまうことがたくさんありました。

そのため、生活リズムを整えることで生活をルーティーン化させ、余計なことを考えないようにしました。また、新しい問題にばかり取り組むのではなく復習とのバランスを図ることで、自分の知識を整理することができました。そして、自己肯定すること、つまり過去の自分を褒めてあげることで精神を安定させた後は、心が安定した状態で勉強に取り組めるようになりました。

受験は精神との闘いでもあります。勉強はもちろん、心を整えてこれから残り少しの受験勉強を頑張ってください。早稲田大学で待っています!!!

関連記事を読む

メッセージ編
1学期の過ごし方
2学期の過ごし方
直前期の過ごし方
志望にあわせた対策
スランプ脱出法
受験勉強の知識
冬期・直前講習の効果的な受け方
HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 自分を励ましてくれた講師の言葉(社会科学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.