HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 今後も役立つ! 受験勉強の知識 基本の英語・社会は無駄じゃない(商学部)

早大受験を乗り切るために(文系・商学部) 今後も役立つ! 受験勉強の知識
基本の英語・社会は無駄じゃない

K.T さん
商学部
宮城県 仙台二華高校 出身
2017年度 河合塾 仙台校 在籍
大学受験科

大学受験科で通ったコース

もしかしたら、皆さんのなかには「今勉強していることは受験でしか役に立たない」と思っている方もいるかもしれません。しかしながら、決してそんなことはありません。
そこで今回は、私が最近の生活のなかで活かすことができた知識や経験を紹介したいと思います。

英語の文献が読める!

1つ目は英語です。英語は大学生になっても多く使います。1年生のうちは必修の英語がある場合が多いです。ちなみに早稲田商学部は2年生まで必修の英語があります。ここでは受験で出てきたイディオムや文法の知識を使いながら読解をしていきます。受験が終わったからといって忘れてしまうともったいないです。

そして何より、大学では英語で書かれた文献を読む機会がとても多いです。私が1年生のときに履修した会計の授業は、教授が海外の名門大学で教鞭をとっていた方で、レジュメも参考資料も基本的には英語でした。

ほかにも、そもそも英語で授業が行われることも数多くあります。その授業についていくためには、英語の知識が欠かせません。いまの段階からしっかりと知識をつけていきましょう。必ず将来のためになります。

旅行が楽しめる!

2つ目は社会科目です。大学生になると自由な時間も増えて、旅行に行く機会も増えてくるかと思います。私自身も、空きコマや全休を使ってよく旅行に行きます。

旅行先で博物館などを訪れると、日本史や世界史などで出てきた歴史上の人物のゆかりのものが展示されていることがよくあります。何も知識がないとただ眺めるだけで終わってしまうかもしれない作品が、受験勉強で得た知識によってより楽しく鑑賞することができました。

最後に

このように受験勉強で得た知識はいろいろな場面に遭遇するなかで、役立つことを実感することでしょう。無駄な勉強とは思わずにこれからも勉強を続けましょう。

関連記事を読む

受験勉強の知識
1学期の過ごし方
2学期の過ごし方
直前期の過ごし方
志望にあわせた対策
スランプ脱出法
メッセージ編
直前期の過ごし方−早大受験を乗り切るために−
HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 今後も役立つ! 受験勉強の知識 基本の英語・社会は無駄じゃない(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.