HOME > 大学情報 > 早大生の一週間 > 人間科学部 1年生 Fさん

早大生の一週間 人間科学部 1年生 Fさん

人間科学部 1年生 Fさん(女子)

Fさんは人間科学部の1年生。授業やサークル、アルバイトなど、充実した生活を送っています。そんなFさんの一週間を見てみましょう。

月曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_02自習
  • icn_03サークル
  • icn_04アルバイト
月曜日

一日の過ごし方

Fさんは後期の月曜日と木曜日の2限に『フランス語』を受講しています。フランス語は9人という少人数で受講するのでアットホームな環境で学べます。第2外国語は中国語やスペイン語が人気だそうです。

授業の後は食堂でご飯を食べました。この日は「カチン風ピリ辛丼」と「卵とオクラの小皿」です。所沢キャンパスの食堂はいつも賑わっています。季節によってフェアが行われているので、メニューに飽きることはないそうです。

昼食
昼食

5~6限の『データリテラシー』という必修の授業は、パソコンでデータ処理などを学びます。Microsoft OfficeのWordやExcel、PowerPoint、統計分析フリーソフトのRなどのソフトを利用して学びます。
班に分かれて学ぶので、わからないことは班で相談できますし、TA(ティーチング・アシスタント)と呼ばれるパソコンに詳しい大学生や大学院生もサポートしてくれます。

月曜日は大学を出たのが19:45でした。帰りに所沢周辺でご飯を食べて帰ることもあるそうです。

火曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_02自習
  • icn_03サークル
  • icn_04アルバイト
火曜日

一日の過ごし方

2限の『建築論』は実際に現場で働く一級建築士の教授の授業を受けることができます。
一週間のスケジュールからわかるように、「さまざまな授業を受けることができるのが人間科学部の魅力」とFさんは言います。

火曜日と木曜日のお昼は、サークルの会議です。Fさんは所沢キャンパスで行われる文化祭実行委員会に所属しています。今後の運営について、6つの局に分かれて話し合ったそうです。

3,4限は空きコマなので、空き教室やラウンジで友達とおしゃべりしたり、課題をやったり。
校舎内の廊下は広いので、勉強や休憩のできる机と椅子が並んでいます。静かなので勉強するのには最適だそう。他にもラウンジや食堂、新しくなった図書館など、みんなそれぞれ自分の過ごしやすいスペースを見つけて空きコマを過ごしています。

水曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_02自習
  • icn_03サークル
  • icn_04アルバイト
水曜日

一日の過ごし方

水曜日は授業がない日なので、朝からアルバイトを入れています。Fさんは河合塾の教務アルバイトとして働いているそうです。

夜は空いているので、高校の友達とご飯を食べに行きました。大学生になってから自由に使える時間やお金が増えて、外食に出かける機会が増えました。
大学の友達とは所沢周辺や乗り換えなしで行くことができる池袋でご飯を食べることが多いそうです。池袋までは西武池袋線の急行に乗ると、キャンパスの最寄駅である小手指駅から約20分で行くことができます。

木曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_02自習
  • icn_03サークル
  • icn_04アルバイト
木曜日

一日の過ごし方

午前中は週2回目の『フランス語』の授業を受けました。

5限の『General Tutorial English』は必修の英会話の授業です。人間科学部生は半期、スポーツ科学部生は通年で受講します。3~4人の学生に1人のネイティブの先生がついてくれます。事前に受けたテストでクラスが割り振られ、教科書もクラスごとに異なったもので学びます。

Fさんによると、語学を少人数で学べることは大変なこともありますが、良い機会だそうです。毎回の授業では、先生たちが詳しくコメントをしてくれます。また、「Lesson Review Task」という宿題があり、学んだことを文章にしてインターネット上で先生に提出するので、Writingの練習にもなります。

Fさんは5限後、同じクラスの人たちと一緒に帰宅しました。

金曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_02自習
  • icn_03サークル
  • icn_04アルバイト
金曜日

一日の過ごし方

Fさんにとって金曜日は唯一、1限がある曜日です。1限のときはあえて授業が始まる30分前に行き、課題を行なっているそうです。家ではなかなか進まない課題も、大学に行くとはかどります。

2限には『Current Topics』という英字新聞を使った授業を受講しています。この授業の前に英字新聞を購入し、授業を受けます。通年の必修の授業で、半期で先生が交代することが多いです。先生によって教え方が異なるのもおもしろいところだそうです。

たとえば、Fさんの前期の先生はグループワーク中心で、主にプレゼンテーションを行っていました。一方で、後期の先生は政治の記事の1~4段落をすべて訳し、希望者が発表するというかたちでした。

その後、家に帰って14時頃に遅い昼食を食べて、16時からアルバイトです。アルバイトの後には、ときどきアルバイトのメンバーとご飯を食べに行きます(アフターと呼んでいます)。アルバイトが終わるのが22時前で、そこからアフターに行ったので、家に帰るのが遅くなってしまいました。

土曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_02自習
  • icn_03サークル
  • icn_04アルバイト
金曜日

一日の過ごし方

土曜日は文化祭実行委員会の活動です。お昼頃に大学に集合して、文化祭の反省会と次年度の代表等を決める選挙の会議を行いました。

その後、Fさんはサークルのメンバーと一緒に合宿に行きました。Fさんのサークルでは、年間3~5回程度合宿が行われ、このように土日を使って合宿をすることもあります。合宿は多くの人が集まるので、大変盛り上がりました。

所沢共同利用棟(サークル棟)
所沢共同利用棟(サークル棟)

日曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_02自習
  • icn_03サークル
  • icn_04アルバイト
金曜日

一日の過ごし方

日曜日は午前中に解散し、その後は自由行動で各自観光をしました。
サークル活動は大学生活の大切な要素の一つです。「兼サー」と言って複数のサークルに所属する人も多数おり、所沢キャンパスのサークルだけでなく早稲田キャンパスのサークルに所属している人も多くいるそうです。

Fさんは帰宅してから、終わらせていなかった課題に取り組み、翌日の授業に備えました。

HOME > 大学情報 > 早大生の一週間 > 人間科学部 1年生 Fさん
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.