HOME > 大学情報 > 早大生の一週間 > 商学部 3年生 Aさん

早大生の一週間 商学部 3年生 Aさん

商学部 Aさん(男子)

Aさんは商学部の3年生。授業やサークル活動、アルバイト、資格の取得、就職活動の準備に大忙し。そんなAさんの一週間を見てみましょう。

月曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習
  • icn_02サークル
  • icn_04アルバイト
月曜日

一日の過ごし方

「朝が苦手」という早大生は多いですが、Aさんもその一人。9時頃にようやく起きるため、1時限目には授業を組まないようにしています。

週の初めの授業は「日本経済史」。主に近世から明治期にかけての経済政策を学びます。もともと日本史好きだったこともあり、今日も意外な発見があったとのこと。

お昼休みを挟んで、午後は「時事中国語」の授業です。10名に満たない少人数で、グループワークをしながら中国企業に関するニュース記事を訳していきます。Aさんは予習の成果もあり、先生に「上手な表現だね」と褒められました!

その後はアルバイトまで時間があるため、カフェで勉強。Aさんは週末に簿記検定を控えており、対策も大詰めです。

アルバイトは、河合塾の高校グリーンコースチューター(進学アドバイザー)。月曜日はAさんがリーダーを務めており、忙しく働いています。
仕事が終わるとアルバイト仲間で「業務ご飯」。チューター同士とても仲が良く、毎回一緒に遅めの夕食を食べてから帰ります。

ところがAさん、なぜか早稲田駅へ向かうと言い出しました。サークルの友人宅にみんなが集まっているということで、Aさんも泊まることにしたようです。夜更かしは禁物ですよ!

火曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習
  • icn_02サークル
  • icn_04アルバイト
火曜日

一日の過ごし方

ああやっぱり、また寝不足みたいです。どんな早大生にも朝はきます、頑張れAさん! 友人宅は自宅とは違い、大学まで徒歩10分という近さが魅力です。

今日も授業は2時限目から。「社会経済思想史」はAさんが所属するゼミの教授が担当。説明が早口のため、ノートはパソコンでとっています。

午後はそのゼミ活動。「経済学史」について研究しているゼミで、有名なアダム・スミスの『国富論』を輪読しています。今日は発表を担当していないせいか、リラックス気味のAさんです。

ゼミが終わると下校。帰宅してのんびり過ごしたあと、簿記検定の勉強を始めました。問題集もあと少し!

水曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習
  • icn_02サークル
  • icn_04アルバイト
水曜日

一日の過ごし方

水曜日は授業がない、「全休」と呼ばれる日。3年生のAさんは必修科目も少なく、時間割に余裕があります。休みの日は布団から出るのが(いつも以上に!)遅くなりがち。起きたらもう昼食の時間です。

Aさんはこれから就職活動を控えていることもあり、最近新聞を読むようにしているとか。
そんなときも、商学部で学ぶ知識が役に立つそうです。この日気になったのは、小売業界再編についての記事でした。

一通り読み終えると、何やら出かける準備を始めました。「シェアカー」といって、レンタカーのようなものを予約しています。これから車を運転して、老人ホームで暮らす祖父に会いにいくようです。大学2年生のときに運転免許を取得して以来、ドライブ好きのAさん。母親の送迎も兼ねているため、家族の役にも立てて一石二鳥だと言います。

軽食を共にしたあと、帰ってきたのは17時ごろ。これから高田馬場へ行って、サークルの同期や先輩たちとしゃぶしゃぶ会です。駅前の「ロータリー」は、早大生の集合場所としておなじみ。昼から夜まで人通りが絶えません。
店を出たあとに合流したメンバーも加え、そのまま二次会へ。帰宅したのは日付が変わる頃でした。

高田馬場駅前ロータリー
高田馬場駅前ロータリー

木曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習
  • icn_02サークル
  • icn_04アルバイト
木曜日

一日の過ごし方

この日も月曜日と同様に、「日本経済史」の授業から始まります。眠そうにしていましたが、ぎりぎりのところで踏みとどまるAさん。

午後は「現代社会とマスコミ」というマスメディアについての授業。先生は有名な出版社の記者出身で、現場の生の声を聞くことができます。

さらに木曜日は一週間で唯一の4時限目がある日。「専門中国語購読」も中国語の授業ですが、月曜日とは少し内容が違います。中国で増えている「ゾンビ企業」がテーマ。「気になる方は調べてみてください!」と訴えるAさんです。

授業後はサークル「地域猫の会(通称:わせねこ)」による餌やりに参加。キャンパス内に住んでいる猫を「地域猫」として適切に管理しているボランティアサークルです。餌やりは毎日16時半から、当番制で行われています。

終わると今度はアルバイト先へ。今週2回目の出勤は担当塾生との面談です。
退勤後はレンタル店へ行き、最近気になっていた、猫が登場するドラマ作品を借りました。本当に猫好きなAさんです。

サークルで管理している猫
サークルで管理している猫

金曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習
  • icn_02サークル
  • icn_04アルバイト
金曜日

一日の過ごし方

ゼミの教授による今週2回目の「社会経済思想史」。経済学の理論に関する話が多い日で、数学が苦手なAさんは少し辛そう。
実は高校生の頃、数学の成績は学年下から2番目だったAさん。進学する際も文学部とかなり悩んだそうですが、入ってみると意外なほど数学を使う授業は少なく、ほとんど苦労しなかったと言います。
「数学が苦手な受験生も、商学部を敬遠する必要はまったくありません!」と熱弁する姿は、まさにチューターそのものでした。

午後は一転、「文学の観点」という授業です。進学を迷っただけのことはあり、文章の読み書きが好きなAさんにとってオアシスのような内容でした。そして、なんとこの授業を設置しているのは商学部。大学では、どんな学部に入っても幅広い内容が勉強できるのですね。

授業後はいったん帰宅し、スーツに着替えて出かけていきました。この日はマスコミ関係の就職セミナーに参加するそうです。就職活動の本番はまだ先ですが、講演を聞いてモチベーションが高まったようです。

セミナー終了時間が延びたこともあり、夕飯も遅くなってしまいました。「どんな時間でも温かいご飯をつくって待っていてくれる母には、本当に感謝しています」と照れ臭そうに語るAさん。昨日借りてきたDVDを見て、のんびり過ごしました。

土曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習
  • icn_02サークル
  • icn_04アルバイト
土曜日

一日の過ごし方

土曜日も授業はありません。やはり遅めの時間に起き、昼食をとって新聞を読みます。
そしてアルバイトへ。土曜日は「東大地理」と「早大現代文」の2講座を担当。チュートリアル(入試情報の提供や学習アドバイスなどを行う時間)にも熱が入ります。
勤務時間が長いため、途中で1時間の休憩も。地下の休憩室で仲良く軽食などを食べながら、他愛もない話をして過ごします。

業務後は、月曜日と同様にメンバーみんなで夕食へ。校舎周辺には、チューター行きつけのお店が複数あります。中華料理屋かカレー屋か、白熱の議論の末に海鮮丼屋に決まりました。

いろいろ話していると解散も遅くなり、帰宅するころには疲れ切っているようでした。明日は検定本番ですよ!

日曜日

一日のタイムスケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習
  • icn_02サークル
  • icn_04アルバイト
日曜日

一日の過ごし方

簿記検定はニガテな朝の実施。日曜日なのに……と不満顔のAさんですが、自分で申し込んだのだから仕方ありません。

会場は学習院大学。駅を出てすぐの好立地に、「早稲田もこんなふうだったら……」と再びの不満顔。肝心の試験は新傾向に戸惑いましたが、なんとか解き切ることができました。

いったん帰宅して昼食をとった後、次のイベントはサークル同期でのサッカー観戦。AさんはJリーグの試合を観戦するのが初めてでした。

試合後は競技場を出て移動、ちょっとした飲み会をしました。やはり帰宅は日付の変わる頃で、明日はまた2限の授業が彼を待っています……!

HOME > 大学情報 > 早大生の一週間 > 商学部 3年生 Aさん
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.