HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 社会科学部 2年生の時間割(2018年度)

早大生の時間割大公開! 早稲田大学 社会科学部
2年生の時間割(2018年度)

S.S さん
社会科学部 2年生
東京都出身
2016年度 河合塾 池袋校 在籍
高校グリーンコース

社会科学部 前期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限   公法入門B      
2時限 外国史概論1 統計解析の基礎A 聖書入門1    
3時限 英語2-2 音と音楽の
表現領域
英語2-1    
4時限 ゼミナール1 社会、社会科学の中の自然科学 映画ジャンル論    
5時限 芸術論2   日本文学1    

おすすめ講義/映画ジャンル論

映画ジャンル論は文学・文化構想学部の合併の講義で、他学部生でも受講できるオープン科目でした。映画のアクション性をテーマとして新旧さまざまな映画を講義内で鑑賞する、映画好きにはたまらなく楽しい講義となっていました。

今まで何気なく観ていた映画を「アクション性」という一つのテーマから観ることで、初めて画面構成や俳優の演技の意味を知ることができました。それだけでなく、映画の歴史の概要についても触れ、いかにして今日のような映画が出来上がったのかをとても丁寧に解説してくださいました。

一番印象に残っているのは、「セリフではなく画で魅せる映画」ということで、アニメーション映画でもある『ミニオンズ』(イルミネーション・エンターテインメント)が紹介されたことです。
一般的には子供向け映画だとくくられてしまいますが、映画のアクション性においては子供向けも大人向けも洋画も邦画も関係なく、等しく映画を取り上げてくださったので、非常に楽しく講義を受けることができました。

この講義を受けてから、映画を観るたびに今までとは違うところに目が行くようになり、内容・視覚表現ともにより一層映画を楽しむことができるようになりました。

社会科学部 後期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限          
2時限       アセットマネジメントの世界  
3時限 英語2-2   英語2-1   簿記B
4時限 ゼミナール1   科学思想史2   簿記B
5時限 倫理学2       こころとからだの健康

おすすめ講義/科学思想史2

化学ではなく、科学です。科学思想史は社会科学部の開講科目です。私は高校3年生で私立文系組のクラスになってから、理系科目に触れたことが数えるほどしかありませんでした。特に物理系の科学については文系に決める前から苦手意識が強く、あまりまじめに取り組んだことがありませんでした。しかし社会に出るにあたり、「一般常識的な考えさえ知らないのはいかがなものか」と思い、この講義を選択しました。

結果的に大正解だったと思います。フランシス・ベーコン前後から始まり、ガリレオやニュートン、近代の科学まで時代背景も一緒に幅広く学ぶことができました。当初心配していたような、物理的な数式を扱うことはほとんどなく、あるとしても法則を証明するための手段として説明に使われる程度ですので、先生の話をしっかりと聞いていれば置いて行かれることはないと思います。

関連記事を読む

HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 社会科学部 2年生の時間割(2018年度)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.