HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 社会科学部 1年生の時間割(2017年度)

早大生の時間割大公開! 早稲田大学 社会科学部
1年生の時間割(2017年度)

S.S さん
社会科学部 1年生
東京都出身
2016年度 河合塾 池袋校 在籍
高校グリーンコース

社会科学部 前期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限   社会デザイン

入門
会計学
入門
  中国語2
基礎
2時限   社会科学の基礎 異文化コミュニケーション論   中国語1
基礎
3時限 言語表現
    歴史学
(日本史)
 
4時限   英語1-1      
5時限 経営のための
経済学
  経営のための
経済学
   

おすすめ講義/言語表現論

言語表現の仕方について学ぶことのできる講義です。先生が一方的に話すのではなく、黒板を使って生徒に質問をしながら授業が展開されます。生徒はレビューシートに先生からの質問の解答を書き、授業が終わると紙を提出して帰ります。

この講義のおもしろいところは、「同じ言葉を平仮名・カタカナ・漢字で書くときに受ける印象がどのように変わるか」「この漢字の読み方は?」「この平仮名の書き順は?」など、日常生活ではあまり意識しないようなところにスポットライトが当たることです。
普段生活していて何気なく見過ごしてしまっている看板や文章なども、よく観察すると新たな発見があることに気づきました。

第一回目の講義では高校のときとはまったく異なる授業の行われ方にとても驚きましたが、慣れてくると毎回のように発見があって楽しかったです。

社会科学部 後期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1時限   経営学入門   ゲーム理論 中国語2基礎 歴史学
(ヨーロッパ史)
2時限     私法
入門
  中国語1基礎 マーケティング入門
3時限   生命
科学
GTE   メディア論 GTE
4時限   英語
1-1
       

おすすめ講義/歴史学

前期の歴史学では日本史を取っていた私ですが、後期ではヨーロッパ史を取りました。なぜなら、「シンボルについての講義である」とシラバスに書かれていたからです。

この講義の主なテーマは、中世ヨーロッパにおけるシンボルについて、その象徴性から解き明かしていくというものです。一回につき一つの代表的なシンボルが取り上げられます。先生がそのシンボルについて丁寧に当時の状況や背景を細かく説明しながら講義を行ってくださいます。

中世ヨーロッパというとなんだか華々しいイメージがあると思いますが、実際はそんなこともありません。多くの貴族や権力者がいかに自らの力を世に知らしめるか、ということに力を注いでいたことかがわかりました。
また、現代につながる数多くのシンボルがこの時代につくられていたこともわかるなど、生活が少し楽しくなるような講義です。

この講義はレポート提出によって成績がつきますので、文章を書くのが得意な方や、調べ物をするのが好きな方はより楽しめると思います。

関連記事を読む

HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 社会科学部 1年生の時間割(2017年度)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.