HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 先進理工学部 3年生の時間割(2016年度)

早大生の時間割大公開! 早稲田大学 先進理工学部
3年生の時間割(2016年度)

A.I さん
先進理工学部 応用化学科 3年生
埼玉県 春日部共栄高校 出身
2013年度 河合塾マナビス 春日部校 在籍

先進理工学部 前期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限
酵素工学   環境調和
プロセス工学
電気化学 細胞
生物学
2時限
有機金属化学 高分子
化学
無機固体化学 材料プロセス工学 触媒化学
3時限
実験 実験 生命有機化学   応化総論
4時限
実験 実験      
5時限
実験 実験      

おすすめ講義/応化総論

毎回、応用化学科の教授が1人ずつ自分の研究についてお話しされました。話の内容は教授によりさまざまで、自身の歩んできた道を話されました。挫折や苦悩もあり、化学者の道も大変だと再認識しました。

研究室配属も近かったので、自分がどの研究室に配属されたいかを考える絶好の機会でありました。最後の講義の先生は、慶應義塾大学から来た方でした。他大の研究室も知ることができてよかったです。
また、3年間で学んだ化学の内容の復習にもなり、大変ためになりました。

応用化学科でなくても、化学に興味があったり、化学系企業メーカーに就職したいと考えていたりする文系の学生も、履修するとためになるのではないかと思います。

成績評価は、レビューシートに自分の意見や感想を書いたり、たまに問題に答えたりするものでした。正直そこまで大変ではありません。応用化学科であれば必修ですので、楽しみにしていてください。

先進理工学部 後期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限
    プロセス設計    
2時限
      工業化学  
3時限
実験 実験     実験
4時限
実験 実験     実験
5時限
実験 実験     実験

おすすめ講義/プロセス設計

先生は日揮株式会社からいらっしゃる方で、蒸留塔について丁寧に解説してくださいました。蒸留塔は、分離プロセスで最も汎用性が高いので、プラント設計について興味がある人や化学工学に興味がある人は履修するとよいのではないかと思います。

配られるテキストはとても丁寧で、蒸留塔を自分でも建てられるのではないかと思うほどでした。「生の」エンジニアの方なので、実際の現場の方針やプラント設計の難しさなども教えていただきました。

また、化学工学熱力学という講座、および化学工学実験でも蒸留塔について勉強しますので、パラレルに蒸留塔が学べます。私の3年後期の思い出は、蒸留塔といっても過言ではありません。

成績評価は、レポートとテストで資料の持ち込みが可能です。レポートも化学工学技士(基礎)※からの出題で、私はこれを機に化学工学技士(基礎)を受験しようと思いました。

※化学工学技士(基礎):公益社団法人化学工学会が認定する、化学工学基礎知識を持っている方を対象とした資格

関連記事を読む

HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 先進理工学部 3年生の時間割(2016年度)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.