HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 商学部 2年生の時間割(2015年度)

早大生の時間割大公開! 早稲田大学 商学部
2年生の時間割(2015年度)

M.I さん
商学部 2年生
東京都 高輪高校 出身
2013年度 河合塾 新宿校 在籍
高校グリーンコース

商学部 前期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限          
2時限 民法
(総則)I
       
3時限 金融
入門
中国語II
選択A
日本史I 金融
入門
少子高齢社会における
生活保障論
4時限   中国語II
総合A
英語II
Listening A
新時代の
保険事業
 

おすすめ講義/新時代の保険事業

この講義は「グローバルスタンダードと少子高齢社会を迎えて」という副題で、単に損害保険や生命保険といった範囲に留まりません。多種多様な分野のゲストスピーカーを招いて講演を聞き、それぞれの現場における「リスク」とその対策について探っていきます。

たとえば、企業の海外進出にあたってのリスク管理についてトヨタ自動車の方が説明されたほか、世界的な金融危機(これも立派な「リスク」なのです!)への対策はどうすべきか、テロリズムに負けないためにできることは何か(「自分が総理大臣だったら身代金を支払うか?」というアンケートも行われました)まで、本当に幅広い内容です。

さらに「少子高齢社会を迎えて」という副題の通り、日本の社会保障制度や米国の高齢者ビジネスについての解説もありました(これらは「高齢化」という国家規模でのリスクになります)。すべて現場の第一線で活躍されている方々の「生の声」なので重みがありますし、そこまで関心のない分野でも話を聞いてみると意外におもしろく、自分自身の視野が広がりました。

私は20歳を迎え、国民年金に加入する年齢となりました。社会保障制度について取り上げられた回では、年金の仕組みや対応方法について教えてもらうことができ、とてもためになりました。財務諸表などが読めるようになる会計学の講義もそうですが、商学部で学ぶ「実学」ならではの良さを実感します。

商学部 後期

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限         消費者
行動論
2時限 広告論     広告論 消費者
行動論
3時限 マーケティング論 中国語II
選択B
音楽と社会B マーケティング論  
4時限   中国語II
総合B
英語II
Listening B
   
5時限       英語II
ライティングB
 

おすすめ講義/消費者行動論

一見難しそうな講義名ですが、マーケティングに近い内容です。消費者の心理面に着目しながら、売上を伸ばすために有効な工夫や方法を考えます。

たとえば、ある消費者が商品を買おうとしています。このとき、“選択肢の自由度が高い”方が買いやすいのか、それとも“選択肢がある程度絞られている”方が買いやすいのか、皆さんはどちらだと思いますか。

答えは後者です。“たくさんの商品の中から好きなものを選ぶ”よりも、“ある程度パターンの決まった中から選ぶ”方が消費者にとっては気楽ですので、売上が良くなることが実験で明らかになっています。

実際の事例に映像で触れることもあります。私が観たのは「行動調査のプロ」に密着したテレビ番組でした。
ある書店では、新書コーナーの売上を伸ばしたいと考えていました。そこで「行動調査のプロ」が、客の目の動きや店内の動線などを詳細に観察し、棚の配置や工夫について店長にアドバイスしていました。
このように、ただ淡々と説明するだけの講義ではなく、先生がいろいろな手法で学生の関心を惹きつけてくれますので、とても楽しい授業でした。

このような消費者心理の内面をのぞく講義内容は、「(商学部で受けられる)心理学の授業」といっても過言ではないでしょう。専門の心理学部や文学部に行かなくても、ここ商学部でも広い意味での心理学に触れることができるのです。
大学の学問は、分野を問わず複雑に関わりあっていますので、学部選びに悩む皆さんは少し肩の力を抜いて、広い視野で考えてみてほしいと思います。あなたの関心ある分野の授業が、他学部でも実施されているかもしれませんよ!

関連記事を読む

HOME > 大学情報 > 早大生の時間割大公開!(早稲田大学) > 早稲田大学 商学部 2年生の時間割(2015年度)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.