HOME > 受験対策 > 早大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > CASE6 進学したい学部・学科を考える

早大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと CASE6
進学したい学部・学科を考える

人間科学部 M.Tさん

大学・学部は早めに探す!

私は高校2年生になってから大学を選び始めました。 自分の気になる大学のパンフレットをテレメール(※)でまとめて取り寄せました。そして、時間があるときに校風や学部を見比べて、自分が行きたいのはどこなのかを考えていました。

デジタルパンフレットなどもありますが、私は冊子のパンフレットの方がおすすめです。直前期にパンフレットを眺めることがモチベーションを支えるものの一つになりました。
※テレメール:(株)フロムページが運営する資料請求受付サービス

苦手克服で早稲田大学志望へ

第一志望校を決めた時期は、高校2年生の秋でした。私は高校2年生まで自分の成績にあまり自信がなく、どのレベルの大学を志望校にすればよいのか迷っていました。また、「早稲田大学をめざす」と言うのを躊躇していました。

成績については、英語がとても苦手でした。塾や高校では「英語が得意だと受験に強い」という話をよく聞いていたので、「このままじゃだめだ」と思っていました。
そこで、高校2年生の夏に一冊の文法の参考書を選んで、部活と塾の夏期講習の合間にやりこみました。

その結果、夏の終わりの模試で英語の偏差値が上がりました。
「勉強をすると成績が上がる」というのを実感したことに加え、「目標を決めるなら高いところをめざすべきだ」と思い、早稲田大学を志望するようになりました。

今言えることは「目標にするならなるべく高い大学がよい」ということです。私も「自分には早稲田大学の合格は無理かもしれない」とたくさん思いましたが、一年あれば努力次第で成績を上げることができますので、諦めないようにしましょう。

学部選びで最も重視したポイント

私が志望校の学部を選ぶときに、最も重視したのは「自分が何を勉強したいか」です。
私は将来就きたい職業を決めきれなかったので、自分の興味のある分野の学部から絞っていきました。職業はその延長線上にあると考えていました。

オープンキャンパスを活用

もし、学びたいことや興味のあることがわからないなら、オープンキャンパスで実施されている学部説明会に行くことをおすすめします。

私は学部説明を聞いたことで、今まで関心がなかった学部に興味を持ちました。自分が想像としていた学部のイメージと、実際に話を聞いた学部で学べる内容などが違うことは多々あります。

オープンキャンパスでは実際に学部の教授の講義を受けられますので、時間があったらぜひ足を運んでみましょう。この機会に「自分のやりたいことは何か」を考えてみるとよいと思います。

時間があるうちにリサーチ!

もし資格を取りたいと考えるなら、自分の進む学部ではどのような資格が取得できるのか、またはどのような資格を取得することの近道になるのかを調べるとよいと思います。
私が通っている人間科学部には「人間環境科学科」「健康福祉学科」「人間情報科学科」の3学科ありますが、それぞれ取得可能な資格には特徴があります。

時間のある高1・2生の間にさまざまなことをリサーチしておくと良い選択ができると思いますし、勉強のモチベーションにもつながります。部活などで忙しい方も多いと思いますが、自分の進路についてじっくりと考えてみましょう。

早稲田大学に現役合格するためには、効率の良い学習の積み重ねが重要!

河合塾の高校グリーンコースは、週1回1講座から科目別に受講できるので、部活や学校行事と両立できます。
志望大学や目的、学力にあわせた豊富な講座ラインアップ。対面授業で着実に学力が身につきます。

HOME > 受験対策 > 早大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > CASE6 進学したい学部・学科を考える
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.