HOME > 受験対策 > 苦手科目の克服法 > 英語 TEAPを目標に英語の苦手克服(社会科学部)

苦手科目の克服法(文系・社会科学部) 英語
TEAPを目標に英語の苦手克服

S.S さん
社会科学部
東京都出身
2016年度 河合塾 池袋校 在籍
高校グリーンコース

苦手でどうにも好きになれない科目、それが私の英語に対する印象でした。「日本人なのにどうして英語をやるの? 必要ないじゃない!」と思っていました。 そのせいもあって中学生から高校生にかけて英語の勉強をおろそかにした結果、高校での成績は下位の下位となっていました。

TEAPがきっかけ

そんな私が英語に真面目に取り組むようになったきっかけは、高校3年生になってTEAP(ティープ)』(日本英語検定協会)という「大学入試で使える英語力」を目標とした能力試験の存在を知ったことです。

英検と同じように、TEAPである程度のスコアを取ることができれば、受験時の英語試験が免除される大学もあります。そのため、苦手な英語は受験の一発勝負に賭けるのではなく、年3回のチャンスがあるTEAPで良い点数を取ろうと考えました。英語力のアップにもなりますし、TEAPが使える併願校対策が楽になると思ったのです。

文法を覚える

それからは地道に基礎を固めていきました。
私は『スクランブル英文法・語法』(旺文社)、『UPGRADE英文法・語法問題』(数研出版)、『大学入試問題頻出総演習』(桐原書店)などの文法書の答えを覚えるくらいまで繰り返し、毎日英文を読みました。

そして、ある程度基礎ができてきたところで、高校の先生にお願いして英作文を見てもらうようになりました。

熟語や単語、構文を覚える

英作文を書くためには熟語や単語、構文を知らなければならないので、このときからは『解体英熟語』(Z会)や『解体英構文』(Z会)を流し読みし、覚えるというよりわかるようにしました。

単語も高校で指定されたものは合わなかったので、本屋さんで自分に合うものを探して自学用に買い、高校のものと両立して気分で読み変えていました。

成績の変化

夏休みまでには基礎を固めないとTEAPにも過去問にも間に合わないと必死でしたので、このときはとにかく数をこなして毎日英語に触れるようにしていました。
そのかいあって、夏休み明けの模試からは不安だった成績が安定し始め、英語が苦手科目から普通科目に変わりました。

英語が安定してきてからは国語と社会との兼ね合いもあり、量より質ということで間違えた問題の復習に時間をかけるようになりました。これは知識の穴を埋めていく感覚でした。

TEAPはなんとか希望していた上智大学の合格ラインに引っかかるくらいまでにはスコアを伸ばすことができました。
私はTEAPという目標があったからこそ必死になれて英語力がアップできたので、皆さんも具体的で達成可能な目標を持つことをおすすめします。

関連記事を読む

苦手科目を克服しよう!

苦手科目は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の早大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

HOME > 受験対策 > 苦手科目の克服法 > 英語 TEAPを目標に英語の苦手克服(社会科学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.