HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 苦手科目を中心にした学習計画(先進理工学部)

夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方−
(理系・先進理工学部)
苦手科目を中心にした学習計画

A.I さん
先進理工学部 応用化学科
埼玉県 春日部共栄高校 出身
2013年度 河合塾マナビス 春日部校 在籍

夏休みの過ごし方

各教科の具体的な勉強法

各科目の勉強法を述べます。

国語

国語は特に力を注ぎました。現代文、古文、漢文はすべて、夏休み前にはあまり時間をかけられませんでした。そのため、この夏休みで苦手意識をなくそうと思い、現代文と古文、漢文のうち何かしら一つは演習をこなしました。

数学

数学は全然苦でありませんでした。むしろ、数学の勉強は休憩のような感じで捉えていました。数学IIICを含めたすべての範囲が終わったのは6月頃でした。
そこで、夏休み中に数学IIICの整理をしようと思いました。どの大学でも微積分は必ずといっていいほど出ます。したがって、特に微積分を勉強しました。

先述の発言と矛盾しますが、実は確率だけは苦手だと感じていました。周りと比べると出来ないわけではありませんでしたが、答えや式に納得がいかないことが多々ありました。ですので、確率も勉強しました。

英語

理系でしたが、英語が一番得意でした。
リスニングは少し苦手でしたので、河合塾の夏期講習でリスニング講座を取りました。また、登校時間や下校時間には英単語帳の例文のリスニングを聞いていました。毎日、リスニングをしていました。リスニングの他には、長文を毎日読むようにしていました。

「毎日やらなければならない」という意識は、絶対と言っていいほどマイナスです。そのため、毎日読めるような長さの長文、換言すれば苦にならない程度の長文を読むことを勧めます。長文読解を1日でもサボれば、読むスピードは落ちてしまいます。加えて、文法も整理しました。『ネクステージ』(桐原書店)も毎日携行して勉強しました。
以上をまとめると、英語は毎日リスニング、長文読解、英単語、文法を勉強しました。

化学

一番好きな科目でした。夏休み中に早慶レベルの問題を解けるようにしました。ただし、無機分野は暗記分野ですので、図説をノートにまとめました。休憩時間にたまに図説を広げていました。

生物

正直、物理の方が得意だったにも関わらず、いろいろな理由から取ってしまった科目です。センター試験レベルは完璧でしたので、二次試験対策として、記述練習を行いました。

地理

東大の理系受験生にとっては、最も影の薄い科目だと思います。センター試験だけでしか使用しないので、おろそかにしがちだと思います。自分もその一人でした。ちなみに、本番のセンター試験では85点ほどでした。

夏休み中には「小麦の生産量の上位国」や「石炭の輸出量の上位国」といった重要な統計データをノートにまとめました。しかし、今思えばこれだけではよくなかったと思います。

以上が各科目の勉強法です。地理以外は東大即応オープンの後に、東大の過去問演習を行いました。

夏休みの反省

夏休みの反省について述べます。
夏休みは非常に長かったです。また、暑かったです。モチベーションは日に日に下がりました。特に、辛かったのは東大即応オープン(8月中旬実施)以降です。「東大即応オープンでよい結果を残そう」という一つの目標があり、勉強していました。ところが、それが終わると燃え尽き症候群気味になりました。

また、東大即応オープン以降は、ひたすら東大の過去問を解いていました。一問一問が非常に重いです。そのため、夏休みの残り10日間はダラダラし、勉強の質は下がってしまいました。これを踏まえると、3日に1度は過去問演習の日にするとよかったと思います。

東大には夏休み中に一度行きました。しかし、お盆休みのときに行ってしまったので、入試担当課が閉まっていて残念でした。みなさんはお盆休みには行かない方がよいでしょう。

夏休み後の変化

最後に、夏休みの前後でどのような変化があったのか述べます。
問題だった国語は、苦手意識は消えませんでしたが、点の取り方などは分かりました。他の科目も目標は達成できました。非常に良い夏休みであったと思います。

参考書・問題集一覧

英語

  • 『ユメタン』(株式会社アルク)
  • やっておきたい英語長文300』(河合出版)
  • 『英文法ファイナル問題集』(桐原書店)
  • 『東大の英語25カ年』(教学社)

数学

国語

  • 現代文と格闘する』(河合出版)
  • 『漢文道場』(Z会出版)
  • 『古典上達応用編』(Z会出版)

化学

  • 『化学重要問題集』(数研出版)
  • 『化学I・IIの新演習』(三省堂)
  • 『東大の化学25カ年』(教学社)

生物

  • 『生物1+2 (ニューグローバル)』(東京出版)

地理

  • 『ニューコンパスノート地理』(東京法令出版)

夏休みの学習計画

計画を立てるときのポイント

夏休みの学習計画は、高校の先生と河合塾スタッフの意見を取り入れました。ですが、最終的には自分自身の意見を尊重しました。
夏休み期間の各科目の目標を以下に示します。

夏休みの目標

国語:苦手克服
数学:(1)数学IIICの基礎の整理 (2)応用問題の演習
英語:(1)リスニング力の向上 (2)リスニング、英単語、文法、長文読解を毎日勉強
化学:(1)早慶レベルの問題を解けるようにする
生物:(1)生物IIの知識整理 (2)生物Ⅰ・IIの記述対策
地理:(1)基礎知識の整理 (2)重要な統計データをまとめる

学習計画表

  • icn_01授業・講習
  • icn_02模試
img_list1-1

使用した参考書・問題集は、ページ上部に一覧を掲載しています。

1日のスケジュール

  • icn_01授業・講習
  • icn_03自習
img_list1-2

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 苦手科目を中心にした学習計画(先進理工学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.