HOME > 受験対策 > 夏期講習の効果的な受け方

夏期講習の効果的な受け方

講習を受けるメリット

夏は受験生にとって、志望大学合格を左右する非常に大切な時期です。
そして夏休みは、まとまった時間がとれる最後の機会です。夏期講習を有効に活用して、効率的・集中的に学習に取り組み、充実した夏を過ごしましょう。

高3生スケジュール

img_01

短期間で効率的に学力アップ

img_02
  • 90分授業で、「導入⇒講義⇒演習」と着実に理解が深まる!
  • 5日間だから、夏休み中の学校行事や部活動などのスケジュールにあわせて受講できる!
    ※ 時間・日数が異なる講座もあります。

「最適な授業の進め方」を熟知したプロ講師の指導が受けられる

img_03
  • 受講生の反応にあわせて、学習内容にメリハリをつけ、より深く、より詳しく指導。
  • 引き込まれる授業だから、教室全体の雰囲気がいい。だから、自分も真剣になれる。
  • 真剣に授業を聴くから、学習効果も高まる。
    ※ 一部、DVDを視聴する講座もあります。

講習生の特典

  • 1. 自習室が使える!
    ※ 自習室の利用は講習期間に限ります。
  • 2. 情報ステーションで全国の大学の情報が手に入る!
  • 3. 講師に疑問点をすぐに質問できる!
  • 4. チューター(進学アドバイザー)に進路の相談ができる!
  • 5. 2017年度高校グリーンコース・大学受験科の入学金半額免除!
    ※ すでに入学されている方には適用されません。
  • 6. 2017年度 冬期・直前講習の入学金全額免除!

夏期の効果的な過ごし方

夏期講習をベースに学習計画を立てる!

商学部 M.I さん

「夏は受験の天王山」。夏休みの使い方次第で学力は大きく伸ばせますので、モチベーションを高く保ち、一日一日を大切に過ごしましょう。

いきなり制限なしで時間が使える40日間を前にしても、計画は立てにくいですよね。
まずは夏期講習をどのような時間割で受けるのかを確認し、それをもとに肉付けするとイメージしやすくなります。
丁寧な予習が必要なものは1週前の時点から取り組むなど工夫して、実際に授業が行われるタームでは復習に全力を尽くしましょう。

そして空いた時間で“自分に必要な勉強”を進めるように計画します。これも夏全体を通してテーマを決めて(私の場合は英文法・語法の制覇と日本史の教科書一周でした)、週単位で細分化し、具体的な数値目標を設定して取り組んでいくことが重要です。

受講した講座

【英語】
  • 早大英語
  • ハイレベル英文法・語法
  • ハイレベル超長文英語読解
【国語】

おすすめ受講プラン

理系のおすすめ受講プラン

多様な出題形式の英語、完答するにはかなりの実力が必要な数学など、早稲田大学の入試問題には特有の傾向があり、対応するには幅広い知識と高度な応用力が必要です。また、試験科目が少ないため、1科目の失敗も許されません。
「大学別対策講座」を中心に、すべての科目で高いレベルの学力習得をめざしましょう。

ターム 3ターム 4ターム 5ターム
3限     早大英語
4限 トップレベル
総合物理
トップレベル
総合化学
早慶大
理工数学
5限 テーマ数学III
(複素数平面
・2次曲線)
   
6限   化学(有機演習)[発展]  
  • ※「関東・甲信越」のおすすめ受講プランです。
  • ※時間割はイメージです。

おすすめ講座一覧はこちら

文系のおすすめ受講プラン

ハイレベルな戦いの中でわずかな差が合否を分ける早稲田大学の入試には特有の傾向があり、対応するには幅広い知識と高度な応用力が必要です。また、試験科目が少ないため、1科目の失敗も許されません。
「大学別対策講座」を中心に、すべての科目で高いレベルの学力習得をめざしましょう。

ターム 2ターム 3ターム 4ターム 5ターム
3限   漢文読解    
4限     早大英語  
5限     早大現代文 テーマ英文法・語法
[発展]
6限 早大古文     早慶大世界史
  • ※「関東・甲信越」のおすすめ受講プランです。
  • ※時間割はイメージです。

おすすめ講座一覧はこちら

他エリアのおすすめ受講プラン

HOME > 受験対策 > 夏期講習の効果的な受け方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.