HOME > 受験対策 > 早稲田大学合格者の模試復習法 > 早大・慶大オープンの復習法 模試での英語の失敗が受験に活きる(商学部)

早大合格者の模試復習法(文系・商学部) 早大・慶大オープンの復習法
模試での英語の失敗が受験に活きる

K.T さん
商学部
宮城県 仙台二華高校 出身
2017年度 河合塾 仙台校 在籍
大学受験科

早大・慶大オープン(模試)は、早慶大を志望している受験生にとって最も大切な模試です。ここで「今の自分は何ができて、何ができないのか」を把握しておくことが、本番での成功につながります。普段以上に意識して取り組みましょう。

早大・慶大オープンがよかった2つの理由

早大・慶大オープンを受験してよかった点として2つ挙げたいと思います。

実際の入試に近い出題傾向

1つ目は、実際の入試に近い出題傾向になっていたことです。早慶大の入試傾向は他大と大きく異なり、レベルも非常に高いです。11月の時点で、そのようなレベルが高くて傾向を押さえられた問題の実戦練習ができることは非常に意義があります。

また出題傾向が近いということは、早大・慶大オープンで見つかった弱点分野がそのまま本番での弱点になる可能性を示しているとも言えます。早大・慶大オープンでの課題は、特に丁寧に解決していきましょう。

受験者層のレベルが本番に近い

2つ目は、受験者層のレベルが本番に近いことです。他の模試はさまざまなレベルの受験生が受験しますが、早大・慶大オープンはある程度本番に近い受験者分布になるので、より自分の立ち位置がわかると思います。

早大・慶大オープンは3回復習

早大・慶大オープンは夜遅くまでかからないので、その日のうちにざっと復習し、次の週末までには1回目の復習を終わらせるようにしました。

私が通っていた仙台校には、11月下旬に早大・慶大オープンのスクーリング授業がありました。そのため、2回目の復習はスクーリングの前に行い、スクーリングで解決すべき課題をピックアップしました。その課題はスクーリングを通じて解決し、のちの勉強につなげていました。

また、入試直前にも見直しをしました。学習の手引き(解答・解説集)が充実していてよかったです。

英語での失敗を受験に活かす

私は英語で大きく失敗しました。英語のせいで判定が1つ悪くなっていました。その原因として1番大きなものは、時間配分ができていないことでした。

早大・慶大オープンの英語は分量が多いにもかかわらず時間が90分しかないので、時間配分を少し間違えると多くの問題が解き終わらずに時間切れとなってしまいます。私は長文で時間を使いすぎてしまい、最後の問題にかける時間がほとんどなくなってしまいました。この反省を活かして、それ以降の学習では時間をより意識するようにしました。

※ 合格者が実際の試験で行った時間配分については『どう解く? 時間配分』に掲載しています。

最後に

早大・慶大オープンは、入試本番の前にいろいろなことを試す機会でもあると思います。実戦練習の機会として貴重なのでしっかり活用していきましょう。私は早大・慶大オープンでの反省を活かして、入試本番に臨むことで合格できたと思っています。みなさんも早大・慶大オープンをしっかり活かして、今後の学習に取り組みましょう。頑張ってください!!

関連記事を読む

全統記述模試・マーク模試の復習法
早大・慶大オープンの復習法
  • 文系
模試復習法

模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の早大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

HOME > 受験対策 > 早稲田大学合格者の模試復習法 > 早大・慶大オープンの復習法 模試での英語の失敗が受験に活きる(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.