HOME > 受験対策 > 早稲田大学合格者の模試復習法 > 全統記述模試・マーク模試の復習法 模試は合格への大切な道しるべ(教育学部)

早大合格者の模試復習法(文系・教育学部) 全統記述模試・マーク模試の復習法
模試は合格への大切な道しるべ

高澤 達弘 さん
教育学部社会科地理歴史専修
千葉県立柏高校 出身
2017年度 河合塾 柏校 在籍
大学受験科

志望校合格という目標までの長い道のりのなかで、本番の入試を意識できる模試は、合格への大切な道しるべになると思います。今回は、模試を受けた後の勉強に役立つ、模試の復習の話題です。

模試を受けるメリット

模試を受けることでの一番のメリットは、やはり入試本番のイメージをつかめたことだと感じます。試験中の雰囲気や問題の形式など、模試を受けないとわからないことが多いものです。

全統マーク模試は、出題形式がセンター試験によく似ているのでかなり役立ちました。解答の時間配分も全統マーク模試を受験したことによって、つかむことができました。

問題はものすごく広範囲から出題されますし、受験するのは一日がかりなので、模試を受けることに対して気が重い人もいるかもしれませんが、正答したときは「ここまでできるようになったのだ」と自信がつくと思います。

受験した全統模試一覧(高3生・高卒生)

当日中に復習を始める

受験当日に自己採点し、意味が分からなかった英単語の確認をしました。一日中模試を受けるとかなり疲れ果てるものですが、この二つだけは必ず当日中に終えるようにしていました。その日のうちならば、だいたい問題は覚えているものなので、復習を始めると効果的です。

自己採点で間違えたと感じた問題については、遅くとも一週間以内には手を付けるようにしていました。苦手な分野や理解に時間がかかる問題に取り組むのは、なかなか辛いものですが、自分のためだと割り切り、ともかくも受験から時間を空けずに復習を始めるのがよいかと思います。
また、次回の模試では、前日くらいに以前に受けた同じ形式の模試を解くのもよいでしょう。

模試で苦手分野を把握

大学受験科で受けた模試の結果は、一年間を通じて安定していました。ただし、全体的にはよくても、受験で使用した3教科のうち、今一歩な点数の教科や分野が一つか二つあることが多かったので、そこは重く受け止めていました。自分の学習課題がわかることも、模試を受けるメリットだと思います。

チュートリアル(※)ではよく、「点数だけで一喜一憂しないように」と言われていました。点数や志望校判定がはっきり出るので、結果が悪いとショックを受けるのは仕方がないことだとは思いますが、模試は本番ではないので、「苦手分野がわかってよかった」と考え、次は絶対に間違えないようにしようと、前向きに復習することが大切です。

※チュートリアル:チューター(進学アドバイザー)が入試情報の提供や学習アドバイスなどを行う時間です。

最後に

模試は、受けている最中も、復習をしているときも、役立つことが大変多いと思います。定期的に模試を受け、自分の勉強の進捗度や理解度を確認し、志望校合格へのステップにできるとよいのではないでしょうか。

関連記事を読む

全統記述模試・マーク模試の復習法
  • 文系
早大・慶大オープンの復習法
模試復習法

模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の早大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

HOME > 受験対策 > 早稲田大学合格者の模試復習法 > 全統記述模試・マーク模試の復習法 模試は合格への大切な道しるべ(教育学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.