HOME > 受験対策 > 早大合格者の過去問活用法 > センター試験 科目別のセンター試験対策のコツ(人間科学部)

早大合格者の過去問活用法(文系・人間科学部) センター試験
科目別のセンター試験対策のコツ

M.T さん
人間科学部 健康福祉科学科
東京都出身
2016年度 河合塾 立川校 在籍
高校グリーンコース

私立大学・センター利用入試

早稲田大学を第一志望とする受験生は、MARCH(※)のセンター利用入試に出願することが多いのではないでしょうか。
※MARCH:明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大

力を入れる時期

基本的にはセンター利用入試より一般入試の対策に力を入れるべきですので、センター試験対策に時間を割きすぎないようにしましょう。
しかし、センター試験直前期にはセンター試験形式の問題を解かないと不安になると思うので、センター試験対策を多めにしてよいと思います。

出願のコツ

私は日本史が得意でしたので、2科目ではなく日本史を含めた3科目で判定する大学日本史の得点が2倍になる大学に出願しました。
他にも漢文が苦手な人は漢文を必要としない大学に出願するなど、自分の得意・不得意を考えて出願するとよいでしょう。

出題傾向を把握する

センター試験の形式は、多少変わることはあっても大枠は決まっています。
そのため、河合塾の全統マーク模試を受験したり、過去問集を一冊購入して過年度の問題を解いたりすることで慣れることができると思います。なかでも一番参考になるのは最新年度の過去問ですので、最新年度の過去問の形式はしっかり押さえておきましょう。

科目別に対策するコツ

英語

英語は筆記とリスニングがあります。

筆記は過去問を解くことで点数が安定すると思います。あとは自分に合った時間配分を見つけましょう。発音アクセントや文法は素早く解くことが重要です。
また、長文問題の配点は大きいので多く間違えてしまうと点数が伸びません。難問はあまりありませんので、正確に読む力をつけましょう。

解き方は人それぞれですが、ここでは二つ例をあげます。

例1:長文を全部読んでから、設問に取り掛かる。
例2:最初に設問に目を通して見当をつけたら長文を読み、設問にあたる箇所まで読み進めたら解答する。

自分にはどちらが合うのか、もしくは別のやり方があるかを探ってみるとよいと思います。

国語

国語は年度によって難易度が異なります。難しい年度にあたると時間がかかり、点数が伸び悩んで一番不安定な科目でした。特に評論は読みづらくて頭に入ってこないトピックにあたると点数が伸びませんでした。

みなさんはそのようなことがないように、苦手なトピックをなくしておきましょう。また、国語も配点の高い問題が多いので、時間を気にしつつ、正確に解いていきましょう。

日本史

日本史は受験した3科目のなかで一番得意でした。恐らく早稲田大学の対策をしている人なら、あまり難しいと思うことはないと思います。日本史が得意ならば得点源として活かしましょう。

センター対策で苦労した点

英語

英語は発音アクセントとリスニングが特に苦手でした。

発音アクセントは問題集を一冊購入して対策をしました。ある程度は法則で解決することができますし、実際に単語を発音する練習をすると身につきます。その結果、本番では全問正解することができました。

リスニングはとにかく練習をするしかありませんので、過去問集に付属していたリスニングの問題で慣れるまで練習しました。
また、河合塾の『早慶大英語』を受講すると、塾生マイページから「テキストの英文を読み上げた音声」をダウンロードできたので、移動中などに聞くようにしていました。

国語

評論問題では内容を理解しきれないまま選択肢を見て、どれも酷似しているように感じて決め手に欠けたまま解答してしまうことがありました。それでは正確な解答にたどり着くことは困難です。解説をしっかり読んで理解していくことが大切です。
また、多くの文章に触れて、評論問題はどんな分野であっても苦手意識を持たずに解けるようになることが重要だと思います。

関連記事を読む

早大入試
併願大入試
センター試験
番外編
HOME > 受験対策 > 早大合格者の過去問活用法 > センター試験 科目別のセンター試験対策のコツ(人間科学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.