HOME > 受験対策 > 早大合格者の過去問活用法 > 早大入試 同じ形式の文学部の過去問も活用(文化構想学部)

早大合格者の過去問活用法(文系・文化構想学部) 早大入試
同じ形式の文学部の過去問も活用

初めて解いた時期・感想

私が早稲田大学の過去問に初めて挑戦したのは、9月下旬頃です。もともと夏休み明けに開始する予定でしたが、夏休みにやり残したことを終わらせてから始めたかったので、この時期に始めることになりました。
夏休みに基礎を完成させたあと、9月か10月頃から取り組み始めるのがよいと思います。

最初に解き終えたときの感想は、「こんな出来で受験までに間に合うのか…」という不安でした。
初めから早稲田大学の過去問を思い通りに解くことのできる人は、ごくわずかです。それに、過去問は出来よりも、問題傾向を把握するために解くものです。
最初はショックを受けるかもしれませんが、あくまでも傾向をつかむために解いているのだという意識に切り替え頑張っていきましょう。初めに感じた不安も、秋からの頑張り次第では自信に変わることでしょう。

学部ごとの英語の対策

私が受けた学部ごとの傾向と対策について述べます。

政治経済学部

政経の英語は、主に長文・会話問題・英作文の構成です。時間との戦いであると同時に、いかに英作文を内容の濃いものにできるかが1つのカギだと思います。
そこで、私は一度問題を解いたあとに、河合塾のフェロー(学習アドバイザー)を利用して英作文を添削してもらっていました。これは文構の要約作文についても同様です。添削されたものをもう一度復習することで、自分のものにしていきました。

商学部

商学部の英語は、早稲田大学の中でも特にオーソドックスな問題です。とはいえ問題数が多いので、過去問演習をしながら自分に合う時間配分や解き方を探していく必要があるでしょう。

文化構想学部

文構の英語は、学部特有の形式になっています。また、比較的新しい学部なので過去問の数も少ないです。そのため、同様の形式である文学部の過去問も利用しながら学習することをおすすめします。多くの問題を解きながら、形式に慣れていきましょう。

世界史・国語の対策

世界史や国語については、早稲田大学の傾向として似たような問題が多くあると思います。そのため、さまざまな学部の過去問を利用して対応力を養う必要があります。
特に世界史は、「1度出てきた新たな知識は必ず覚える」くらいの強い気持ちを持って繰り返しやることで、成績も伸びてくると思います。

現役生の秋からの伸びは相当なものです。高い目標でもあきらめずにコツコツやることが、合格への近道です。後悔しないように、今できることを毎日積み重ねて頑張りましょう。

関連記事を読む

早大入試
併願大入試
センター試験
番外編
HOME > 受験対策 > 早大合格者の過去問活用法 > 早大入試 同じ形式の文学部の過去問も活用(文化構想学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.