HOME > 受験対策 > 早大合格者の過去問活用法 > 早大入試 早稲田大学の過去問復習の仕方(文化構想学部)

早大合格者の過去問活用法(文系・文化構想学部) 早大入試
早稲田大学の過去問復習の仕方

R.T さん
文化構想学部(英語4技能テスト利用型)
神奈川県 出身
2018年度 河合塾 横浜校 在籍
大学受験科

今回は私の過去問の活用法をお話ししていきたいと思います。ぜひこの記事も参考にして、過去問を有効活用してください。

夏休み終了までには出題傾向を把握

私は文化構想学部の英語4技能テスト利用型入試の存在を春ごろに知ったので、夏休み前にはその方式での受験を決めていました。

基礎シリーズ(1学期)から夏休みにかけては基礎学力をつけることに尽力しました。そして、併願校も含めたすべての受験校の出題傾向は、遅くとも夏休み終了までに把握するようにしていました。

早稲田大学の過去問は10月下旬から

早稲田大学の過去問は10月下旬から解き始めました。早稲田大学は文化構想学部と文学部の2学部受験しました。この2学部の過去問は10年分ほど解きました。

また、大学全体の出題傾向を知るために、受験しない学部であっても文系学部は問題を解きました。
自分が受験しない大学や学部の過去問も時間が許す限り、積極的に挑戦してみてください。さまざまなタイプの問題に触れることで、もし本番でイレギュラーな問題が出題されたとしても対応できる可能性が高まります。

本番を想定して過去問に取り組む

私は常に本番を想定して、実際の試験時間とまったく同じ時間で過去問に取り組むようにしていました。英語は設問ごとに解く時間を決めて、問題を解くペースづくりをしました。国語は現代文、古文、漢文を一気に解くようにしていました。

最初は時間内に解き終わることに苦労しましたが、普段から本番と同じ状態で過去問練習をしていたおかげで、実際の入試では問題をスムーズに解くことができ、見直す時間も十分に確保することができました。

また、日本史は通史を一通り学習した後に過去問を解くようにしていました。

過去問の復習の仕方

過去問を解いて答え合わせをした後に、自分の知識不足が原因でわからなかった問題、合ってはいたけれどもしっかりと解答根拠が言えない問題、ほとんどの受験生がわからないような問題をピックアップして復習していました。

復習の際には、過去問の解説を読んで終わりにせず、その周辺の知識も得るために普段自分が学習するときに使用しているテキストやプリントを見直し、さらに過去問で間違えたところと同じ分野をあつかう他の問題を解いて知識の穴埋めをしました。

最後に

夏休み以降はつい過去問に意識がいきがちですが、普段の学習も怠らずに行っていきましょう。まだ入試本番までは時間があります。どのような問題にも対応できるよう入試に向けて着実に力を蓄えていきましょう。

関連記事を読む

早大入試
併願大入試
センター試験
番外編
冬期・直前講習の効果的な受け方
HOME > 受験対策 > 早大合格者の過去問活用法 > 早大入試 早稲田大学の過去問復習の仕方(文化構想学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.