HOME > 受験対策 > 早大生の科目別ノート活用術 > 過去問 CASE3 過去問・分析ノートで合格をつかむ

早大生の科目別ノート活用術 過去問 CASE3
過去問・分析ノートで合格をつかむ

人間科学部 M.Tさん

受験が近づくと多くの人が過去問を解くと思います。過去問は大切ですが、時間が多くかかるので、しっかり工夫しながら対策を行いましょう。私は「過去問ノート」と「分析ノート」をつくっていたので、工夫の参考にしてみてくださいね。

過去問ノート

過去問ノートは10月から作成

私は初めから過去問ノートをつくっていたわけではありませんでした。過去問を解き始めて慣れてきた頃、復習に活用できるようなノートの必要性を感じ、本格的に解き始めた10月頃から主に英語で過去問ノートをつくり始めました。

英語の過去問ノート作成ポイント

どの大学・学部でも英語の長文問題が多く出題されると思います。特に早稲田大学のレベルになると、長くて読みづらい問題が出題されることも多いかと思います。そのため、私は主に第一志望の早稲田大学の過去問ノートを作成していましたが、併願していた上智大学も英語が難しかったので、過去問ノートをつくりました。

過去問を解いた際に、読みづらく感じたり、じっくり時間をかけないと内容が理解しにくいと思ったりした長文問題は、コピーしてノートに貼って印などをつけながらじっくり読み込みました。そのときに意味が分からなかった単語は、蛍光ペンで線を引いて目立つようにました。

t6_3_1

失敗したことは、出題されていた英単語をすべて覚えようとして、意味を調べて英単語帳の空いているページなどに書き込んだことです。もちろん覚えようとすることは大事なのですが、出題頻度の少ない単語もあるため少し時間を割きすぎたかなと思います。もう少しやり方を考えればよかったです。

過去問ノートの復習の仕方

過去問ノートは作成した後に何回か音読をしました。音読をしながら長文問題の意味が理解できるようにしました。
また、朝の眠気覚ましに過去問ノートを見たり、模試の前に過去問ノートを開いて知識の再確認や音読をしたりと、気軽に活用していました。

分析ノート

私は「大学・学部名」と「入試年度」、「科目」、「過去問の大問ごとの得点・合計点」、「次回の目標正解数」を記入する分析ノートも作成していました。また、合格者最低点と比較したり、得点率が何%かなどを出したりすることもありました。

そして、分析ノートには「どの大問が苦手か」と「反省点や分析事項」を書いて自分の過去問の出来栄えを確認し、そこから点数を伸ばすためにはどのような対策が必要なのかを考えました。

t6_3_2

過去問はただ解くだけではなく、どれだけ活用するかがカギになると思います。この分析ノートをつくることで、自分の過去問を解いた記録から対策や分析を考えることができましたし、自分と志望校との距離感がよくわかりました。

最後に

過去問は大学の出題傾向を探るためには欠かせないものです。合格をつかむために、しっかり対策を行いましょう。また、他の大学・学部で出題された問題が、受験校の入試本番で出題される可能性もあるので、疑問点などを残さないように取り組みましょう。

HOME > 受験対策 > 早大生の科目別ノート活用術 > 過去問 CASE3 過去問・分析ノートで合格をつかむ
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.