HOME > 受験対策 > 早大生の科目別ノート活用術 > 英語 CASE3 英語力アップに役立つノート

早大生の科目別ノート活用術 英語 CASE3
英語力アップに役立つノート

人間科学部 M.Tさん

私は「英文解釈ノート」と「英文法ノート」を作成していましたので、この二つのノートについて紹介します。

英文解釈ノート

問題集の1周目のときは、見開きでノートを使用していました。
単語帳などを何も見ずに、左側に問題集に載っている英文の和訳をすべてノートに書きます。すべて書き終わったら解答を確認し、間違っている和訳のところに赤字で正しい答えを記入します。
右側に重要な英文法のポイントや分からなかった英単語をきれいにまとめて書いていました。

t1_3_1

ただし、2周目のときには時間がもったいなかったので、間違ったところを赤字で記入するのみにしていました。また、分からなかった英単語は赤字でノートの余白に記入しました。

英文解釈ノートは、解いたその日にもう一度解答を見ずに英文解釈ができるかを確認していました。分からなかった英単語や間違った英文法が、次に同じかたちで出てきたときに対応ができるようしっかり確認しました。

t1_3_2

英文法ノート

英文法の問題集の多くは厚みがあり、膨大な量の英文法知識が掲載されていると思います。それだけ覚えなければならないものが多いと、紛らわしいものやどうしても覚えられないものが出てくると思います。

そのため、私は忘れやすかったり、間違えやすかったりするものを自分でノートにまとめていました。赤シートを使って暗記ができるように、オレンジペンを使ってまとめたことと、関連があるものをまとめて書いたところがポイントです。

t1_3_3

失敗したと思うことは、英文法の知識で覚えられていないものすべてを書こうとしたため、時間がかなりかかってしまったことです。途中でそのことに気がついたので、そこからは単語帳なども併用して、まとめることよりも暗記するための近道を考えるようにしました。

英文法ノートは電車や空き時間、勉強の合間に見て確認していました。

最後に

ノートづくりで重要なことは、ノートを参考書のようにきれいにつくることではありません。つくったノートを活用して自分の英語力を上げることです。受験生は時間が限られています。限られた時間のなかで自分の英語力を上げられるような工夫を考えていきましょう!

HOME > 受験対策 > 早大生の科目別ノート活用術 > 英語 CASE3 英語力アップに役立つノート
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.