HOME > 受験対策 > 早大生の科目別ノート活用術 > 英語 CASE1 英語長文ノートのつくり方

早大生の科目別ノート活用術 英語 CASE1
英語長文ノートのつくり方

文化構想学部 M.Yさん

私が河合塾の「早慶大英語」を受講していたときに使用していた英語ノートについて紹介します。主に英語長文用のノートですので、英語長文を学習する際に参考にしてほしいです。

予習

まず予習として、本文のコピーをノートの見開き1ページに貼って、問題を解いた答えをその次のページに記入していました。予習段階では、長文にスラッシュを入れながら読むことを意識していました。
スラッシュは講師に教わったやり方で、前置詞句の前、接続詞の前など意味のまとまりごとに入れるようにしていました。文の構造もわかる範囲で書き込んでいました。

本文をコピーすることは大切だと思います。直接書き込んでしまうと、あとで見直しや復習が難しくなります。一度解いたら復習はしない人もいるかもしれませんが、いざコピーしてみると、「せっかくコピーしたのだから、復習しなければ」という気にもさせられます。

t1_1_1

授業中

授業中は、問題を解いた次のページに、講師が解説した板書を書き込んでいました。
大事な箇所には色ペンなども使って、あとで見直しやすいようにしていました。また、大事な単語やディスコースマーカーなど講師に指摘された語彙は、本文のコピーに印づけていました。

t1_1_2

復習

復習の際は、基本的にノートではなく、もとの本文を読み返して、わからない点はノートの解説を見て確認する方式でやっていました。ノートの最後に、本文中に出てきた知らない単語をまとめたWord Listを毎回作るように心掛けていました。

t1_1_3

最後に

長文を学習する際は、すべてこの形式でノート作りをしていました。同じスタイルで行う方が効率よく、あとで見返しやすいでしょう。高校3年生の最初から慣れ親しんだノートの利用法でしたので、過去問集の長文に関しても同じ要領で進めていきました。

一方で私は、見やすさを意識するあまりに何度も書き直し、やり直すことが多く、時間の無駄となることがいく度かありました。自分がわかる、見直せる範囲できちんとノート作りをしていくことが大切です。

HOME > 受験対策 > 早大生の科目別ノート活用術 > 英語 CASE1 英語長文ノートのつくり方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.