HOME > 受験対策 > 早稲田大学・早大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE3 勉強を継続するコツ(政治経済学部)

早大生のおすすめ勉強法 勉強継続法 CASE3
勉強を継続するコツ

政治経済学部 Y.Tさん

私は勉強にメリハリをしっかりつけたことで、受験勉強を継続的に進められました。

勉強する場所を決める

私は「勉強は河合塾の自習室でする」と決めていたので、家では勉強しませんでした。そのため、休日などに勉強するときは河合塾へ足を運んでいました。
なぜなら自習室は文字通り勉強するための場所であり、誘惑などもなく勉強に最も適した環境であると思ったからです。

小さな目標を持つ

小さな目標として「閉室時間までは必ず勉強する」と決めていました。
大きな目標(受験においてはもちろん志望校合格)を達成するためには、日常的に小さな目標を持って取り組むことが大切だと思います。

そして、その目標はノートに書いたり、ファイルにまとめたりすることで、勉強の目的を明確にできます。また、今までの積み重ねが実感できるので、自信を持つことができるようになると思います。

やるべきことを整理する

「勉強しなければいけないと思っているけど、何をすべきかわからない」といったことは、受験生によくあることだと思います。

私はそうならないように「月の初め」「週の初め」「一日の初め」等、期間を区切って科目別にやるべきことを整理していました。

やる気がでないときの対処法

「難しい問題」や「苦手な問題」、「出来があまりよくなかった問題」などに直面すると、どうしてもやる気が出ないと思います。

そのようなとき、私は闇雲に復習するのではなく、問題の感想などを書き留めていました。そして、再びその問題に取り組む前に振り返ることで、「同じ失敗は繰り返さないようにしよう」と思えました。

競争意識を持つ

受験勉強という長期戦を戦い抜くためには、ライバルや励まし合える友達の存在が大切です。時には「この人よりも今日は多く勉強しよう」などと、競争意識を持つことも必要だからです。

HOME > 受験対策 > 早稲田大学・早大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE3 勉強を継続するコツ(政治経済学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.