HOME > 受験対策 > 早稲田大学・早大生のおすすめ勉強法 > 参考書・問題集の活用法 CASE3 入試で差がつくおすすめ問題集(政治経済学部)

早大生のおすすめ勉強法 参考書・問題集の活用法 CASE3
入試で差がつくおすすめ問題集

政治経済学部 Y.Tさん

私は問題集を選ぶ際に、国語と英語で迷った経験があるため、この2教科に関しておすすめの問題集をご紹介します。

英語のおすすめ問題集

文系・理系問わず、英語はほとんどの方が受験科目として使用する極めて重要な科目です。

長文は、英単語・文法などの基礎固めがある程度できてきた段階で、「やっておきたい英語長文」(河合出版)シリーズをおすすめします。 この問題集は300語、500語、700語、1000語と四冊あり、300語から順にやっていくと着実にレベルアップできます。

早大・慶大を志望する受験生の方は、もれなく700語まではやるべきであると思います。そして1000語はその名の通り1000語を越える「超長文」と呼ばれる文章が収録されています。 早稲田大学の法学部や国際教養学部等で毎年出題される英語長文の長さとマッチしていますので、これらの学部を受験する方はぜひともやるべきでしょう。他に「超長文」を扱った問題集は少ないため、貴重な演習材料となりました。

文法は、『全解説頻出英文法・語法問題1000』(桐原出版)をおすすめします。私はこの参考書を10周こなしました。入試で出題される細かい文法事項も含めて、ほぼすべてがこの問題集で取り扱われています。

国語のおすすめ問題集

早稲田大学では、現代文・古文・漢文すべてにおいてハイレベルな問題が出題されるので、国語はしばしば合否に直結する教科であると思います。

現代文は、『入試現代文へのアクセス』(河合出版)シリーズをおすすめします。こちらも入門編、発展編、完成編と三部作です。
私は当時、河合塾の現代文講師からおすすめされてこの問題集をこなし、質・量ともに充実した勉強ができました。このシリーズの最大のウリは、解説の手厚さであると思います。

また、余談ですがこの問題集に収録されていた問題が、なんと本番の入試で出題されました。本番で見たことのある文章が出てきたときには、かなりのアドバンテージを感じることができました。

古文は、『首都圏「難関」私大古文演習』(河合出版)がおすすめです。私は、過去問に入る前の最終段階でこの問題集をこなしました。

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 早稲田大学・早大生のおすすめ勉強法 > 参考書・問題集の活用法 CASE3 入試で差がつくおすすめ問題集(政治経済学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.