HOME > 受験対策 > 早稲田大学 学習アドバイス(英語・数学) > 早稲田大学 数学の学習アドバイス

早稲田大学 数学の学習アドバイス

河合塾講師による早稲田大学 数学の「2018年度入試問題分析」と「学習アドバイス」を掲載しています。

早稲田大学 数学

基幹理工学部・創造理工学部・先進理工学部

2018年度は例年と同じく記述式が5題。例年、解きやすい問題が1題か2題は出題されるが、どの問題も標準か標準以上であり、全体を解ききるには十分な実力が必要とされる。いずれもよく練られた良問なので、確実な実力が身についていれば解きやすい問題である。また、全分野にわたって出題されるので、まんべんなく確実な力をつける必要がある。基本的な問題を一通り学習して苦手分野をなくしたうえで、さらにその一歩先の問題まで進みたい。

確率、整数、数列の問題に注意

全分野から出題されるだけでなく、複数の分野にまたがる問題が多いので、偏りのない総合的な実力を身につける必要がある。そのなかでも、確率、整数、数列の難しい問題がよく出題されるので注意しておきたい。数学IIIの微分・積分、複素数平面の問題も中心的なテーマとして出題されることが多いので、重点的に学習しておきたい。

数学IIの基本的計算を身につけよう

数学IIIの微分・積分、および複素数平面の問題は毎年必ず出題されているので、十分な時間をかけて取り組んでおきたい。数学IIIの問題を解くためには、三角関数や指数・対数の計算は自由にできるようにしておく必要があるので、数学IIの基本的な計算は問題なくできるようにしておこう。

思考力を問われる問題に注意しよう

典型問題のパターンには収まらないような、思考力が問われる問題も例年出題される(2018年度では第V問)。こうした見たこともないような問題を解くには、ある程度は手探りで進めていかなければならないが、その際、これまで身につけた手法をどれだけ自由に使いこなせるかが試される。一通り標準問題をこなしたら、新しい問題を自分でじっくりと考えて、試行錯誤をしながら道を探していく力を養うようにしよう。

確実な計算力を身につけよう

時間内で最後まで解くにはかなりの計算力が要求される問題が多く出題されている。特に、微分・積分の基本的な計算は、どのような問題でもできるようにしておきたい。面倒な計算も嫌がらずに最後までやり遂げるようにしよう。ミスをしたら何度でも繰り返そう。そうした地道な努力が計算力をつける早道だ。

HOME > 受験対策 > 早稲田大学 学習アドバイス(英語・数学) > 早稲田大学 数学の学習アドバイス
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.