HOME > 受験対策 > 部活生の勉強両立術 > 高校2年生 部活や学校行事に注力しよう!(文化構想学部)

部活生の勉強両立術 高校2年生
部活や学校行事に注力しよう!

文化構想学部 M.Yさん

高校2年生は、いかに部活と勉強を両立していくかが大きな課題になると思います。

部活と勉強のバランス

私の場合はバドミントン部に所属し、GW後に先輩たちが引退して、幹部学年となりました。部活の活動日は、月・水・金の放課後、火・水・土の朝練でした。

部活がある日は、どうしても疲れが溜まっていることが多く、帰宅してからすぐに寝てしまうことも多々ありました。そういう日は、翌日に朝早く起きて勉強していました。

部活がある日は大体1時間程度、部活がない日は2~3時間勉強していました。休日は大会や練習試合がなければ、4~5時間勉強していました。部活と勉強の切り替えを意識して生活していました。

夏休み中

夏休みになると、部活が多くなり、暑さも増して疲れが一層溜まりました。また、部活では幹部学年として、後輩の面倒をみることが増えました。

勉強に関しては、受験への意識も「まだ先だから」とそこまで高くなく、やる気もあまりありませんでした。そのため、毎日決まった時間に勉強するわけではなく、不定期に勉強していました。

ですが、夏休みを振り返ったときに、勉強時間が周りの人よりも少なかったことに焦りを覚え、秋からは勉強に力が入るようになりました。

秋以降

秋になると、運動会や文化祭などの学校行事が忙しくなっていきましたが、夏休みの反省から受験への意識を持つようになり、少ない時間を有効利用して勉強するようになりました。

冬になると、部活や学校行事も落ち着き、勉強時間も少しずつ増えていきました。また、受験への意識も高まり、冬休みから河合塾に入塾して、受験勉強を本格的に始めました。

高校2年生は、部活や学校行事の中心となります。そのため、高校生活で一番楽しい時期だと思います。部活や学校行事に全力を注いだ経験は、今後の人生に必ず活きていくでしょう。受験への意識を少しずつ持って、勉強もしっかり取り組みながら、最高の高校生活を送ってください。応援しています。

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 部活生の勉強両立術 > 高校2年生 部活や学校行事に注力しよう!(文化構想学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.