HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 私が思う実力を最大限発揮するコツ(文学部)

早大受験を乗り切るために(文系・文学部) 激励メッセージ
私が思う実力を最大限発揮するコツ

S.K さん
文学部
千葉県 出身
2017年度 河合塾 津田沼校
大学受験科

大学受験科で通ったコース

いよいよ、入試本番が近づいてきました。受験生の皆さんが実力を最大限発揮できるように、学習面と体調面、精神面にわけて心に留めておいてほしいことをお伝えします。

学習面

直前期には、今まで学んだことの総復習と、本番を想定した過去問演習に専念しましょう。

私の場合、自信をなくしたり過去問の出来が悪かったりしたとき、過去に学習した参考書やテキストを見直しました。おかげで自信を取り戻すことができたうえに、基礎の再確認もできました。

また、暗記は試験直前まで続けるとよいと思います。実際に、試験直前に見た知識が、本番で問われることがありました。

体調面

体調面で一番気をつけてほしいことは、睡眠不足にならないようにすることです。睡眠不足は体調を崩す原因になります。私は、直前期には最低でも7時間は睡眠をとるようにしました。

また、インフルエンザなどの感染症にも注意しましょう。受験中は外に出る機会が多いと思います。手洗い・うがいを忘れずにしましょう。

精神面

緊張や不安の対策としては、イメージトレーニングも有効だと思います。私が実践したイメージトレーニングは次の通りです。

1.早稲田大学やその周辺の写真をネットなどで見ます。 2.実際に受験しに行くような気持ちで、受験会場への道順や受験会場の様子をイメージします。 3.試験開始直前の自分をイメージします。 このようなイメージトレーニングによって、不安が軽減されました。

また、「実力が足りないのでは」「このままで大丈夫なのか」などと不安になることもあると思います。確かに、自分に足りない部分を確認し、復習で穴埋めしていくのは大切です。しかし、ネガティブ思考に陥ってしまうと、本番に悪い影響が出てしまうかもしれません。

そこで、「徹底的なプラス思考」になることをおすすめします。私は早稲田大学の受験前日、日記を書いていたノートに「絶対できる。合格したい!」と書きました。

最後に

しっかりと睡眠・食事・勉強の時間をとって、万全な状態で受験に臨んでください。受験生の皆さんにとって、納得のいく結果が出ることを願っています!

関連記事を読む

メッセージ編
1学期の過ごし方
2学期の過ごし方
直前期の過ごし方
志望にあわせた対策
スランプ脱出法
受験勉強の知識
冬期・直前講習の効果的な受け方
HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 私が思う実力を最大限発揮するコツ(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.