HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > スランプ脱出法 スランプ脱出には分析が不可欠(人間科学部)

早大受験を乗り切るために(文系・人間科学部) スランプ脱出法
スランプ脱出には分析が不可欠

M.T さん
人間科学部 健康福祉科学科
東京都出身
2016年度 河合塾 立川校 在籍
高校グリーンコース

高校グリーンコース 受講講座

私はもともと英語がとても苦手でしたが、高校2年生のときに「このままではダメだ」と思って勉強して、成績を上げることができました。しかし、高校3年生のときにはその英語と現代文でスランプに陥ってしまったので、私の状況と解決法についてお伝えしたいと思います。

英語のスランプ脱出法

苦手だった英語は、高校2年生の夏休みに文法の参考書がボロボロになるまで問題を解きました。その結果、夏休みの終盤にあった模試では見違えるほど成績が上がりました。
しかし、高校3年生になったときに成績の伸び悩みと不安を感じ始めて、どう勉強すればよいのか迷ってしまいました。

そこで原因を考えたところ、「長文問題を正確に読めていないこと」が伸び悩みの原因ではないかと思い当たりました。英語の入試問題の大部分を占めるのは長文読解です。そのため、時間内に正確に長文を読むことができると合格に近づくと思います。

原因がわかったので、参考書を使って英文解釈をとことんやりこみました。この英文解釈の勉強を毎日行い、約1年間続けました。最初は簡単な英文解釈から始めて、最後は過去問レベルまでの長文を読む力を養うことができました。

現代文のスランプ脱出法

現代文は高校3年生の夏休みに上手く問題が解けなくなってスランプに陥りました。それまでは自分がどういうふうに文章を読んでいるのか、深く考えたことがありませんでした。スランプになってから初めて、しっかり考えながら文章を読まないと、上手く問題が解けないことがわかりました。

そのため、夏休みに中に現代文の解き方を学ぼうと思い、詳しい解き方の指南や解説が書いてある参考書を買って、問題を解いた後に読み込みました。そして、ポイントに印をつけながら解いた問題の文章をもう一度読んで、自分でその文章を解説できるようにしました。

スランプ脱出には分析が不可欠

スランプを脱出するためには、冷静に「何が原因でスランプに陥っているのか」、「自分に何が足りないのか」を考える必要があります。基本的で大事なことが足りない場合が多いかもしれません。一度立ち止まって、焦らずに自分の勉強を分析してみましょう。

また、私は誰かに相談したりはしませんでした。スランプの原因は自分の学力が足りないからだと分かっていたので、自分なりに考えて勉強しようと思ったからです。ただし、高校の先生や河合塾の講師に相談して解決法を考えることができれば、さらによかったのかなと思います。

最後に

受験期にスランプに陥ると、周りの人の成績と自分の成績を比較してしまい、さらに焦ってしまうと思います。焦って不安になり、ただ問題を解いても解決することは難しいです。何をしなければならないのか自分でしっかり考える、もしくは誰かに相談して一緒に解決策を考えてもらい、スランプを脱出しましょう!

関連記事を読む

スランプ脱出法
  • 文系
1学期の過ごし方
2学期の過ごし方
直前期の過ごし方
志望にあわせた対策
受験勉強の知識
メッセージ編
HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > スランプ脱出法 スランプ脱出には分析が不可欠(人間科学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.