HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 直前期の過ごし方 講習で私立大対策とセンター対策(商学部)

早大受験を乗り切るために(文系・商学部) 直前期の過ごし方
講習で私立大対策とセンター対策

K.T さん
商学部
宮城県 仙台二華高校 出身
2017年度 河合塾 仙台校 在籍
大学受験科

大学受験科で通ったコース

直前期の学習スケジュール

  • icn_01授業時間
  • icn_03自習時間
  • ※授業名は、今年度のものと異なる場合があります。

直前期の過ごし方

いよいよ入試直前期です。「たった1点で結果が変わる」とも言われる大学入試において、直前期の過ごし方は非常に大切です。貴重な残り時間を大切に使って、最高の結果を勝ち取りましょう。

センター試験もしっかり対策

冬休み期間ですが、私は冬期講習の早大対策講座とセンター対策講座を受講しました。特に現代文に関しては、得点が安定しないと感じていた部分があったので、『センター攻略現代文テスト』を受講しました。担当講師は私の恩師ともいうべき三浦先生であり、5日間で多くのことを学ぶことができたのでよかったです。

センター試験を受ける方は優先してセンター試験対策を行うべきだと思います。センター試験の問題は良問ばかりで、基礎部分を固めるためには良い素材です。ここでもう一度しっかりと基礎的な事項を固めて、センター試験本番へとつなげていきましょう。
また、早稲田大学の対策は冬期講習を活用して学習時間を確保し、ポイントを押さえることができました。

センター試験が終わったら、あっという間に早稲田大学の入試本番はきてしまいます。そのため、毎日の学習や併願大学の入試を通して、常に「今の自分に何が足りないか」ということを考えて学習計画を組んでほしいと思います。

冬期講習で受講した講座

直前講習で受講した講座

生活面で大切な2つのこと

生活面で必須なことは、「朝型生活の維持」と「体調管理」の2点に尽きると思います。
せっかくここまで一生懸命努力したのにもかかわらず、最後に体調不良で試験を受けられない……なんてことになっては、どうしようもありません。入試直前になるほど、学習面のみに気をとられがちですが、自分の身は自分で守るしかないのです。

私は毎日、のむヨーグルトを飲んでいました。何か1つ健康のための習慣をつけることもよいかもしれません。万全の状態で試験に臨みましょう。

最後に

入試直前期には、なかなか成果が出ずに苦しんでいる方もいるかもしれません。私が受験生時代にずっと意識していたことは、「やまない雨はない」ということ。皆さんが悔いのない受験生活を送り、春に笑顔で早稲田大学での大学生活をスタートできることを心から願っています。

関連記事を読む

直前期の過ごし方
1学期の過ごし方
2学期の過ごし方
志望にあわせた対策
スランプ脱出法
受験勉強の知識
メッセージ編
HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 直前期の過ごし方 講習で私立大対策とセンター対策(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.