HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 1学期の過ごし方 受験勉強で迷った私が重視したこと(文学部)

早大受験を乗り切るために(文系・文学部) 1学期の過ごし方
受験勉強で迷った私が重視したこと

S.K さん
文学部
千葉県 出身
2017年度 河合塾 津田沼校
大学受験科

大学受験科で通ったコース

1学期の学習スケジュール

  • icn_01授業
  • icn_03自習

※授業名は、今年度のものと異なる場合があります。

1学期の過ごし方

受験勉強を始めなくてはいけないが、やるべきことが分からず途方に暮れている方もいると思います。私も浪人生活が始まったときは、そのように思っていました。今回は浪人生活を振り返り、1学期にしたことを紹介します。

河合塾で受講したコース

私は大学受験科の『早・慶・上智大文系コース』に在籍していました。「せっかく浪人するなら、得意科目を生かして私立大の頂点をめざしたい」という思いが強かったため、このコースを選びました。講師が早慶上智大を意識したレベルで授業をしてくれましたので、勉強の方針を決めやすかったです。

また、同じクラスの人はほとんどが早慶上智大をめざしていました。同じ目標を持つ人と成績を競い合ったり、悩みを話し合ったりできた点がよかったです。

高3と高卒時の違い

現役生のときは国立大を志望していたので、勉強法が大幅に変わりました。ひとつの科目をじっくりと掘り下げる時間ができたので、基礎固めを入念にすることができたと思います。現役生のころに比べて勉強時間は数倍になりました。

また、高校生のころは無計画に勉強して失敗したので、毎週・毎月・3カ月の計画を立てて勉強を進めました。

1学期の基礎固め

英語

英語は全体的には得意でした。ただし、文法が苦手でした。そのため、河合塾の文法の授業の復習を週に2回ほど行ったり、長期休みに文法のテキストをまとめて復習したりしました。

また、毎日覚える量を決めて英単語と英熟語の暗記をしました。書いたり見たりして覚えるほかに、余裕があれば声に出して覚えました。英文の流れをつかむために、音読もしました。

国語

国語は現代文が得意でした。古文単語の暗記に力を入れました。

日本史

日本史は苦手で、基礎知識がほとんどありませんでした。そのため、まずは一問一答形式の問題集を活用して、基礎事項を詰め込みました。用語をある程度覚えてから、テキストを読んで流れを理解するようにしました。

1学期に重視したいこと

学習面では河合塾のテキスト中心で、単語帳や一問一答問題集はひととおり終わらせた方がよいと思います。そのために、まずは単語帳や問題集を選びましょう(※)。
また、予習・復習のサイクルをつくることがとても重要だと思います。授業・模試など、さまざまな場面で役に立ちます。「いつ、何をやるか」など具体的な計画を立てて勉強しましょう。

※合格者が実際に使用した問題集・参考書については『早大生のおすすめ勉強法』に掲載しています。

生活面では、早寝・早起き・1日3食の習慣をつくることが大切です。入試期間には早起きしなければならない日もあるかもしれません。1学期のうちから規則的な生活を送れば、入試期間に苦労しなくて済むと思います。

最後に

1学期は、基礎固めをするうえで大切な時期です。焦らずに、単語の暗記や授業の予習・復習をすることがおすすめです。志望校も勉強も妥協しない1年間を送りましょう。ささやかながら応援しています!

関連記事を読む

1学期の過ごし方
2学期の過ごし方
直前期の過ごし方
志望にあわせた対策
スランプ脱出法
受験勉強の知識
メッセージ編
直前期の過ごし方−早大受験を乗り切るために−
HOME > 受験対策 > 早稲田大学受験を乗り切るために > 1学期の過ごし方 受験勉強で迷った私が重視したこと(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.