HOME > 早大合格体験記2018 > 早稲田大学 商学部合格(柏校)

早大合格体験記2018 努力は必ず報われる。プロ講師の
授業で、1年間で合格する力がついた

永島 和真さん
商学部合格
2017年度 河合塾 柏校 在籍 大学受験科 永島 和真さん
茨城県立竜ヶ崎第一高校 出身

早稲田大学をめざした理由は何ですか?

自分は元々理系でしたが、数学しか勉強していなかったので文転しました。そこで興味を持ったのが、商学部と経済学部でした。そして、早慶大ならばトップレベルの授業を受けられて、就職にも圧倒的に強く、社会に出てから自分の力を最大限に活かすことができると思ったのでめざしました。

いつ頃から早稲田大学受験を意識した勉強を始めましたか?

硬式野球部に所属していたので朝練があり、夜も9時過ぎまで練習していました。そのため、高3の7月まではまったく勉強していませんでした。
引退した次の日に、三者面談で「1浪して早慶大をめざす」と決めました。

受験期を振り返って、合格できた秘訣は何だったと思いますか?

最大の要因は「努力」です。高3の8月から浪人の2月までの約1年半で妥協をしたのは、卒業後の10日間だけでした。その他の日はずっと勉強し、1日17時間勉強した日もありました。努力は必ず報われると改めて実感しました。

あとは「戦略」も重要です。河合塾の情報量は全国トップレベルです。模試の結果を有効活用し、どれだけ伸びれば受かるのかを常に考え、そこをめざして日々努力しました。

苦手科目はありましたか?あった場合は、どのような対策を行いましたか?

苦手科目というより、浪人してから受験勉強を始めたのが世界史でしたので、1年で早慶大レベルをめざすのはきつかったです。

授業が始まる前の3、4月に自分で買った参考書で流れをつかみ、読んだだけではわからない部分を授業で完璧にしようと努めました。あとはひらすらインプットとアウトプットを繰り返しました。一問一答→問題集→流れをもう一度つかむ、というサイクルをひたすらやりました。

永島 和真さん

過去問は11、12月くらいから解き始めても十分間に合うと思います。とにかく楽しんで勉強することが重要です。

試験当日の様子や試験の手ごたえについて教えてください。

自分は早慶大の前にMARCH(※1)や上智大を複数受験していたので、試験慣れをしていました。だからそこまで緊張はしませんでしたが、やはり少し違う雰囲気がありました。受験者が多いですが、周りは関係なく、「自分はこれだけやったんだ」という自信があれば何も恐れることはないと思います。

早慶大は、ほとんどの学部の試験開始時間が10時です。3~4時間前に起きて9時には会場に着き、1時限目の英語から自分の力をフルに発揮できるように調整することを意識して実践しました。

  • ※1 MARCH:明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大

合格を知ったときはどのような気持ちでしたか?

正直に言って合格の可能性が低かったので、上智大に行く気になっていました。電話で合格の結果を聞いたときは、とても喜びました。本当に頑張ってよかった、やっと終わったという安堵がありました。

受講していたコース・講座を教えてください。

早・慶・上智大文系コース』を受講し、3教科に特化した勉強をしました。
河合塾の講師は、早慶大出身者や早慶大を知り尽くしたプロの方が多く、1年間で完璧に授業を吸収したら絶対合格できるようになっていました。やはり早慶大は他の大学より難度が高く独特な試験問題ですので、十分対策をしなくてはいけません。河合塾の授業ならそれが大いに可能でした。

河合塾でよかったことは何ですか?

テキストはもちろん、サポートしてくださった方々が素晴らしかったです。チューター(進学アドバイザー)は、毎週チュートリアル(※2)を行って、自分たちのモチベーションを常に高めてくださいました。面談でもどこをどう改善していくかという計画を一緒に立ててくださり、とても力になりました。

  • ※2 チューターが入試情報の提供や学習アドバイスなどを行う時間です。

早稲田大学をめざす後輩へメッセージをお願いします。

「冥冥之志」。自分が高校入学後、部活や勉強で掲げたモットーです。人の見えないところでひたすら努力する、そうすれば必ず報われます。大学に入って将来何をしたいか、明確な目標を掲げて夢に向かって頑張ってください。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

鈴木 美紗恵鈴木 美紗恵

永島さんは、とにかく朝から晩まで塾で勉強していた姿が印象的でした。友人もたくさんいましたが、勉強するときはメリハリをつけてコツコツ勉強していましたね。
一から勉強を始めた世界史は早慶大レベルに引き上げられるか心配でしたが、上手く優先順位をつけて3教科バランスよく学習に取り組めていました。模試成績の結果に一喜一憂せず、冷静に自己分析をしてその時々の課題に取り組めたことが合格につながったと思います。

授業やサークル、友人との交流など大学生活は大変かと思いますが、持ち前のガッツでこれからも頑張ってください。応援しています。

河合塾 柏校

河合塾 柏校

〒277-0005
千葉県柏市柏4-3-1
TEL:0120-192-050

詳細はこちら
HOME > 早大合格体験記2018 > 早稲田大学 商学部合格(柏校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.