HOME > 早大合格体験記2017 > 早稲田大学 国際教養学部合格(立川校)

早大合格体験記2017 講師の熱のこもった授業で、
気合が入った

伊藤 優一 さん
国際教養学部合格
2016年度 河合塾 立川校 在籍 高校グリーンコース 伊藤 優一 さん
東京都立国立高校 出身

早稲田大学をめざした理由は何ですか?

早稲田大学に通っている先輩たちが、とても充実した大学生活を送っていたからです。また、多様な人たちが集まる大学に行きたかったことも理由の一つです。

いつ頃から早稲田大学受験を意識した勉強を始めましたか?

高2の終わり頃です。3教科すべてを得意教科にできるよう意識して勉強しました。基礎はすべて高2の終わりにはほとんど完成しているように勉強に取り組みました。

受験期を振り返って、合格できた秘訣は何だったと思いますか?

高2の終わりまでに英語の基礎を完璧にできるように計画を立てて勉強し、高3では音読や長文読解を集中的に行ったことです。

また、高3の後半は毎日河合塾の自習室に通い、友人と朝から夜まで勉強しました。一人で一日中勉強するのは辛いことですが、勉強の息抜きに友人と雑談したことで、毎日勉強に取り組むことができました。

苦手科目はありましたか?あった場合は、どのような対策を行いましたか?

英語はひたすら音読を行い、英文のまま理解することを心がけました。
速読を意識しすぎて誤読が増え、スランプに陥ったときもありましたが、もう一度精読を意識して英文を読むようにしたら、速く、正確に読めるようになりました。

世界史は資料集に問題のカギとなるものがたくさんありますので、資料集をひたすら読み込みました。

伊藤 優一 さん

試験当日の様子や試験の手ごたえについて教えてください。

「自分が落ちるのなら、誰が受かることができるのだろうか」という気持ちで受験に臨んだので、緊張はしませんでした。

普段は良くできていた世界史でわからない問題がいくつかありましたが、「自分がわからないのなら、みんなもわからないだろう」と考え、ネガティブな気持ちにならないようにしました。

国語は授業で講師に教わった「フィーリングではない解き方」を意識して問題に取り組むことができました。

合格を知ったときはどのような気持ちでしたか?

ホッとして、親への感謝の気持ちが高まりました。今まで自分の行ってきたことが間違っていなかったと、合格というかたちで証明されてよかったです。

河合塾でよかったことは何ですか?

講師の熱のこもった授業です。「塾のクラスでトップ2に入る勉強をしよう」と、講師に毎回言われていたので、気合が入りました。

早稲田大学をめざす後輩へメッセージをお願いします。

受験において英語はとても大切です。高2のうちに基礎を固めておくと、高3で非常に効率的な勉強ができます。何事も計画的・効率的に早くから取り組むことが大切です。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

赤松 真奈実赤松 真奈実

合格おめでどうございます。
伊藤君は、常に自分に何が足りていないのか分析し、克服するための計画を考え、自信が持てるようになるまで勉強していました。その結果、不安定だった教科も、最後には得点源にしていました。

早稲田大学では、学べることが幅広いですが、将来の目標や勉強したいことを見つけ、深く学んでほしいと思います。また、勉強だけではなく、サークルやアルバイトなど自分の没頭できることを見つけ、大学生活を楽しんでください。

河合塾 立川校

河合塾 立川校

〒190-0012
東京都立川市曙町1-14-13
TEL:0120-198-640

詳細はこちら
HOME > 早大合格体験記2017 > 早稲田大学 国際教養学部合格(立川校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.