HOME > 早大合格体験記2017 > 早稲田大学 文化構想学部合格(秋葉原館)

早大合格体験記2017 テキストの復習の繰り返しで、
成績が上がった

吉川 奨乃 さん
文化構想学部合格
2016年度 河合塾 秋葉原館 在籍 高校グリーンコース 吉川 奨乃 さん
東京都立城東高校 出身

早稲田大学をめざした理由は何ですか?

同じ高校に通っていた先輩が早稲田大学に合格した姿を見て、「自分も早稲田大学に進学したい」と思ったからです。先輩が合格したことで、自分もやればできるかもしれないと勇気づけられました。

いつ頃から早稲田大学受験を意識した勉強を始めましたか?

高3になってから、河合塾で『早慶大英語』や『早大古典 』などの志望校別の授業を受け始めたことで、強く意識するようになりました。周囲がライバルばかりの環境になり、気が引き締まりました。

受験期を振り返って、合格できた秘訣は何だったと思いますか?

予習・復習を徹底したことです。復習は一度だけではなく繰り返し行うことで、定着率を高めるよう意識しました。
河合塾の自習室はとても静かで快適な環境でしたので、勉強に集中することができたことも要因の一つです。また、不安になったときはチューター(進学アドバイザー)に相談して勇気をもらっていました。

苦手科目はありましたか?あった場合は、どのような対策を行いましたか?

自分は国語が大の苦手でしたので、直前期には基礎を繰り返し確認しました。そのおかげで本番では「国語でも合格点を取れたはずだ」と自信を持って受験を終えられました。

1学期のうちから、受験科目すべてを計画的にしっかり勉強する習慣をつけておけば、苦手科目もきっと克服できるはずです。
苦手は後回しにしがちですが、きちんと向き合って基礎から積み上げていくことが大切だと思います。

吉川 奨乃 さん

試験当日の様子や試験の手ごたえについて教えてください。

早稲田大学で最初に受験した文化構想学部の入試では、必要以上に周りの様子を意識してしまって実力を出し切れなかったため、手ごたえがまったくありませんでした。その後の入試ではだんだん緊張しなくなって、手ごたえを感じることが何度かありました。

ただし、結果的には手ごたえのなかった学部に合格し、自信があった学部は不合格でしたので、あまり一つ一つの受験の出来を気にして引きずらないほうがよいと思いました。

合格を知ったときはどのような気持ちでしたか?

常に不安を抱えていたこれまでの受験生活から解放されて、とても嬉しかったです。不安ながらも努力を続けたからこその大きな喜びでしたので、合格の喜びのためなら受験勉強に時間を注ぐ価値はあると思います。

河合塾でよかったことは何ですか?

授業のテキストを完璧になるまで復習し続けたら、成績が上がったことです。復習していて疑問点が見つかったときは、講師やフェロー(学習アドバイザー)に質問することですぐに解決できたので、自分の成長を肌で感じることができました。

早稲田大学をめざす後輩へメッセージをお願いします。

苦手科目を後回しにせずに、基礎固めをしっかりしたほうがよいです。学習計画はチューター(進学アドバイザー)に相談して、テキストの予習・復習を何度も繰り返して、河合塾の良いところを最大限に活用してください!

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

谷口 雄大谷口 雄大

吉川くんは、サッカー部の活動が続いていた1学期のうちから毎日のように自習室に来て、部活の仲間と一緒に勉強していましたね。

面談をするたびに「合格できる自信がない」と言っていました。ですが、模試の結果に一喜一憂せずにしっかり復習して、自分の学習ペースを確立しながら頑張っている姿を見て、絶対に合格してくれると信じていました。

大学でも素敵な仲間と出会って充実した日々を過ごしてください。これからも応援しています!

河合塾 秋葉原館

河合塾 秋葉原館

〒101-0032
東京都千代田区岩本町3-11-11
TEL:0120-192-115

詳細はこちら
HOME > 早大合格体験記2017 > 早稲田大学 文化構想学部合格(秋葉原館)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.