HOME > 早大合格体験記2017 > 早稲田大学 政治経済学部政治学科合格(大宮校)

早大合格体験記2017 “合格する”という意志と、
河合塾の環境が合格につながった

井原 理志さん
政治経済学部 政治学科合格
2016年度 河合塾 大宮校 在籍 大学受験科 井原 理志さん
埼玉県立浦和高校 出身

早稲田大学をめざした理由は何ですか?

小さいころから漠然とした憧れを持っていました。早稲田大学についていろいろ調べてみると、さまざまな学問やサークルがあったり、多種多様な人がいたりすることを知り、このなかの一員になりたいと思って志望しました。

いつ頃から早稲田大学受験を意識した勉強を始めましたか?

受験を意識した勉強を始めたのは、高3の夏からです。

受験期を振り返って、合格できた秘訣は何だったと思いますか?

河合塾の志望校のためによく練られたテキストや、丁寧で熱意ある指導をしてくださる講師の方々、精神的なサポートをしてくれるチューター(進学アドバイザー)の存在です。
そして、一番大切なことは「何としても志望校に合格してその一員になりたい」という意志だと思います。

苦手科目はありましたか?あった場合は、どのような対策を行いましたか?

現代文は点数が安定しないので苦手な科目でした。それを克服するために、授業では正誤と同様に解答に至るまでのプロセスを重視し、集中して主体的に授業に取り組みました。

井原 理志さん

試験当日の様子や試験の手ごたえについて教えてください。

かなり緊張しましたが、この一年間で自分がやってきたことを信じ、いつもの自分で臨むことを意識して試験を受けました。

合格を知ったときはどのような気持ちでしたか?

手ごたえはあまりよくありませんでしたので、嬉しさ以上に驚きのほうが大きかったです。それでも一年間の成果がでてよかったと思いました。

河合塾でよかったことは何ですか?

自習室はきれいで静かだったので、勉強に集中する環境として非常によかったです。また、自習室はいくつかの種類がありますので、気分に応じて自習室を選択できるのもよかったと思います。

早稲田大学をめざす後輩へメッセージをお願いします。

過去問をある程度暗記するほど解いて、その問題形式に完璧に慣れることが、本番のときの自信につながります。志望校の過去問は何周もしたほうがよいと思います。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

渡辺 美香 渡辺 美香

「絶対に早大合格!」と強い気持ちを一年間持ち続けながら、コツコツ地道な努力も続けていました。授業内のテストゼミや、模試での成績が上がってきていても、自分の弱点克服を怠らず、基礎問題を何度も解き直していましたね。

不安な顔をして相談に来る日もありましたが、話した後はふっ切れた顔で自習室に戻っていく姿を頼もしく思いました。着実に力をつけ、自信を持って本番に臨んだからこそ合格を勝ち取れたと思います。

河合塾 大宮校

河合塾 大宮校

〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区
大門町3-67-2
TEL:0120-192-720

詳細はこちら
HOME > 早大合格体験記2017 > 早稲田大学 政治経済学部政治学科合格(大宮校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.