HOME > 早稲田大学入試情報2018 > 早稲田大学予想ボーダーライン(センター・リサーチ)

2018年度入試
早大予想ボーダーライン
(センター・リサーチ)

※2018年度入試情報は、2018年4月入学予定者向けの情報です。
2018/01/17 掲載

2018年度入試情報トップへ戻る

2018年1月13・14日に実施されたセンター試験における早稲田大学センター利用入試の「予想難易度(ボーダーライン)」についてお伝えします。

  • ※河合塾のセンター・リサーチのデータを基に作成しています。
  • ※河合塾のセンター・リサーチでは、センター試験の自己採点結果を集計し、詳細な分析データをお届けします。
  • ※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe社の『ADOBE READER』(無料)が必要です。
    右のボタンから『ADOBE READER』をインストールのうえ、ご覧ください。
    PDF

河合塾の入試難易度

河合塾では、センター試験における得点の目安となる評価基準点(A・B・C・D)と、入試で必要な学力の目安となる二次偏差値(全統記述模試の偏差値)を設定しています。

予想ボーダーライン表の見方

配点 セ:二次

センター試験と二次試験(個別学力試験)の満点値(各教科配点の合計)です。
二次配点欄が「----」となっているものは、個別学力試験が課されないことを示します。

ボーダー得点(率)

合格可能性が50%と予想されるセンター試験のボーダー得点と得点率です。

評価基準点(A判定~D判定)

各募集単位での合格可能性評価の基準点(下限点)です。

A判定:合格可能性80%以上
B判定:合格可能性65%
C判定:合格可能性50%
D判定:合格可能性35%

二次偏差値

合格可能性が50%と予想される二次試験(個別学力試験)の偏差値(河合塾主催の「全統記述模試」の偏差値)です。

「---」:二次試験(個別学力試験)が課されないもの、あるいは小論文・面接・実技など学力試験以外のみが課される場合です。

予想ボーダーライン(センター・リサーチ)

HOME > 早稲田大学入試情報2018 > 早稲田大学予想ボーダーライン(センター・リサーチ)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.