HOME > 2018年度入試情報 > 早稲田大学入試の変更点

早大入試の変更点

※2018年度入試情報は、2018年4月入学予定者向けの情報です。
2017/12/19 更新

2018年度入試情報トップへ戻る

早稲田大学から発表された入試変更点を掲載しています。

  • ※下記内容は変更になる場合がありますので、必ず早大発表の学生募集要項でご確認ください。

2018年度入試変更点について

教育学部社会科「専修の名称変更」について

早稲田大学より、以下の発表がありました。
(2017年09月26日掲載)

学部・学科 2017年度まで 2018年4月以降
教育学部社会科 社会科学専修 公共市民学専修
  • ※地理歴史専修に変更はありません。

一般入試 基幹理工学部の「学系別募集人員の変更」について

早稲田大学より、2018年2月に実施される基幹理工学部の一般入試について、以下の発表がありました。
(2017/05/10掲載)

学系 2017年度入試まで 2018年度入試以降
学系I 40 45
学系II 210 210
学系III 65 65
合計 315 320

一般入試 法学部の「選択科目追加」について

早稲田大学より、2018年2月に実施される法学部の一般入試について、以下の発表がありました。
(2016/12/19掲載)

早稲田大学法学部では、「法学専門教育、および語学・教養教育に対応できるための基礎的な学力と、ものごとを論理的に分析・総合できる能力」を入学者に求め、「多様な学生を受け入れる」という理念のもとに様々な入試制度を実施しております。

法律を学ぶ上で求められる「論理的思考力」を有する受験生への受験機会拡充の一つとして、2018年度一般入学試験(2018年2月に実施される入試)より、選択科目に「数学」を追加します。

教科
(配点)
2017年度入試まで 2018年度入試以降
外国語
(60点)
次のうちから、1つを選択
  • (1)英語(コミュニケーション英語I、
    コミュニケーション英語II、
    コミュニケーション英語III、
    英語表現I、英語表現II)
  • (2)ドイツ語
  • (3)フランス語
  • (4)中国語
  • ※(2)~(4)は大学入試センター試験の当該科目を受験
変更なし
国語
(50点)
国語総合・現代文B・古典B 変更なし
地歴

公民
または
数学
(40点)
次のうちから、1つを選択
  • (1)世界史B
  • (2)日本史B
  • (3)政治・経済
次のうちから、1つを選択
  • (1)世界史B
  • (2)日本史B
  • (3)政治・経済
  • (4)数学(数学I、数学II、数学A、数学B)
  • ※(4)は大学入試センター試験の「数学I・数学A」「数学II・数学B」を受験

一般入試 国際教養学部の「制度変更」について

早稲田大学より、2018年2月に実施される国際教養学部の一般入試について、以下の発表がありました。
(2016/12/19更新)

2018年度入試より、各試験団体が実施する「英語4技能試験」の結果を利用できる新たな制度を実施します。
新たな制度の実施に伴い、学部独自に実施していた「英語リスニング試験」については、2017年度入試を最後に廃止します。

教科 2017年度入試まで 2018年度入試以降
配点(200点満点) 配点(185点満点+
英語4技能試験)
1限目 国語 50 50
2限目 地歴または数学
(世界史B、日本史B、数学のうちから1つを選択)
50 50
3限目 外国語
(英語)
100 85
4限目 外国語
(英語リスニング)
-
英語4技能試験結果
(素点換算)
- 15

選考方法

  • (1)国際教養学部が出題する試験(1限目:国語、2限目:地歴または数学、3限目:外国語「英語」)の受験
  • (2)英語4技能試験(実用英語技能検定もしくはTOEFL®iBT)の試験結果評価(素点換算) ※英語4技能試験結果の未提出による出願も可能です。 ※英語4技能試験結果は、出願開始年月より2年間さかのぼった月の翌月初日以降に受験した試験結果を有効とします。 ※2018年度入試受験者は、2016年2月1日以降に受験した試験結果を有効とします。実用英語技能検定(英検)は2015年度第3回の試験結果より有効とします。 ※実用英語技能検定(英検)は、「合格証明証」、「英検CSEスコア証明証(各級合格したものに限る)」の提出を有効とする予定です。
    なお各級合格のみを評価しCSE2.0の総点および各技能点は問いません。
    また、一次試験・二次試験の「合否結果通知・成績表」の提出は認めません。
  • ※出願期間等の詳細は、2017年11月上旬に公開される「一般入学試験要項」でご確認ください。

一般入試 政治経済学部「地歴・公民または数学」試験科目の変更について

早稲田大学より、2018年2月に実施される政治経済学部の一般入試について、以下の発表がありました。
(2015/12/16掲載)

教科 2017年度入試まで 2018年度入試以降
外国語 次のうちから1つを選択
  • (1)英語(コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、英語表現I、英語表現II)
  • (2)ドイツ語 ※
  • (3)フランス語 ※
変更なし
国語 国語(国語総合、現代文B、古典B) 変更なし
地歴

公民
または
数学
次のうちから1つを選択
  • (1)世界史B
  • (2)日本史B
  • (3)政治・経済
  • (4)数学(数学I、数学II、数学A、数学B[「確率分布と統計的な推測」を
    除く])
次のうちから1つを選択
  • (1)世界史B
  • (2)日本史B
  • (3)数学(数学I、数学II、数学A、数学B[「確率分布と統計的な推測」を
    除く])
  • ※「ドイツ語」または「フランス語」を選択する場合は大学入試センター試験の当該科目を受験してください。

その他入試制度の変更について

早稲田大学より、以下の発表がありました。
(2017/05/10掲載)

学部名 学科・
学系名
方式 2017年度入試まで 2018年度入試以降
文化構想


人間科学
スポーツ科学
  新思考入試
(地域
連携型)
新規実施
  • 出願期間:2017年8月21日~
    9月5日
  • 1次:書類
  • 2次:論理的思考力を問う総合試験
  • 3次:センター試験3教科3科目
基幹理工
創造理工
先進理工
  英語学位
プログラム
新規実施 4月入学(出願期間は11月)
  • 1次:書類
    (英語外部試験の成績等)
  • 2次:総合試験、英語面接
基幹理工 学系II 新思考入試
(北九州地域連携型推薦入試)
新規実施 北九州地区を中心とした推薦入試(指定校)
  • ※4年次からの卒業論文研究とその先の大学院での研究活動を北九州キャンパスで行う
創造理工 建築
社会環境工
特別選抜
入試
数学オリンピック入試
化学グランプリ入試
情報オリンピック入試
高校生科学技術チャレンジ入試
日本学生科学賞入試
日本生物学オリンピック入試
物理チャレンジ入試
方式廃止

2019年度入試変更点について

一般入試 教育学部「募集人員の変更」について

早稲田大学より、2019年2月に実施される教育学部の一般入試について、以下の発表がありました。
(2017年12月19日掲載)

教育学部では、2019年度入試(2019年4月入学者選抜の入試として、2019年3月に高校を卒業見込みの者を対象)より、「自己推薦入試」を廃止し、「指定校推薦入試」を新たに導入いたします。
あわせて、「一般入試の募集人員」を変更いたします。

学科・専攻・専修 2018年度入試まで 2019年度入試以降
教育学専修 125 100
生涯教育学専修
教育心理学専修
初等教育学専攻 25 20
国語国文学科 100 80
英語英文学科 100 80
地理歴史専修 185 145
公共市民学専修
生物学専修 60 50※
地球科学専修
数学科 55 45
複合文化学科 50 40
合計 700 560
  • ※地球科学専修の地学選択者募集枠「若干名」を含みます。
2018年度入試情報トップへ戻る
今すぐ役立つ! 早大入試情報・試験対策まとめ
HOME > 2018年度入試情報 > 早稲田大学入試の変更点
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.